アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

旭松食品が独⾃新製法により完成させた「旭松大豆ミートサステナブルチキン」発売へ

/

目次


旭松食品は、丸大豆のみで粒状⼤⾖ミートを製造する技術を特許出願した。その技術を利⽤した「旭松大豆ミートサステナブルチキン」を2023年2⽉1⽇(水)より発売する。

くせも少なく料理に良くなじむ

「旭松大豆ミートサステナブルチキン」は、鶏ひき⾁のようなあっさりとした⾵味と⾒た⽬。⼤⾖の⻘臭みと感じるヘキサナールが類似品の1/7以下のため、⼤⾖ミート独特のくせも少なく料理に良くなじむ。

丸大豆から大豆ミートを安定製造

また、⼀般的な大豆ミートは、丸⼤⾖に含まれる油により製造が困難になるため、脱脂⼤⾖を原料に製造されるが、旭松⾷品は独⾃新製法により、丸⼤⾖から⼤⾖ミートを安定製造する。

⾼オレイン酸⼤⾖を使⽤

「旭松大豆ミートサステナブルチキン」には、オリーブオイルの注⽬成分「オレイン酸(※)」を豊富に含む⾼オレイン酸⼤⾖を使⽤。脱脂⼤⾖ではなく、丸⼤⾖から製造されるので、製品にもオレイン酸が含まれる。

安全性の高い大豆を使用

原料大豆は、環境保全などに配慮した、グローバルGAP認証取得農場で契約栽培されている。


旭松食品が独⾃新製法により完成した「旭松⼤⾖ミートサステナブルチキン」が発売された際には、チェックしてみては。

旭松食品公式サイト:https://www.asahimatsu.co.jp/

※FDA(アメリカ⾷品医薬品局) 限定的健康強調表⽰
決定的ではないが⽀持的な科学的な証拠によると、飽和脂肪酸をより多く含有する油脂の代替として、オレイン酸を⾼濃度に含有する油を毎⽇⼤さじ約1.5杯分(20g)摂取すると、冠動脈⼼疾患のリスクを低減できる可能性がある。当該便益の可能性を実現するために、オレイン酸含有油摂取により、1⽇の総エネルギー摂取量を増加させてはならない。

(角谷良平)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録