アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

応援金が届いたことを見える化!UPDATERがTADORiでCRAFT LIQUOR TODOMATSUをサポート

/

目次


「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指すUPDATERは、SDGsプラットフォーム事業「TADORi」において、12月21日(水)、同社のブロックチェーンソリューションを提供し、販売価格のうち280円を東京銀座で都市養蜂を展開するNPO法人「銀座ミツバチプロジェクト」に送ることができるクラフトリカー「CRAFT LIQUOR TODOMATSU」の実現をサポートしました。「CRAFT LIQUOR TODOMATSU」は、北海道下川町を拠点とする一般社団法人EZOUSAGIによる手づくりのお酒だ。

銀座ミツバチプロジェクトとマッチング

この取り組みは、同社のブロックチェーンソリューションを通じて実現した、「タドれる応援プロジェクト」。ブロックチェーンで「応援金が届いたこと」を見える化し、正当性と透明性を証明することで、買った人も寄付した人も寄付された人も当事者意識でつなぎ合わせ、買うだけで終わらない、買うことから始まる、これからの販売の在り方、消費の在り方を提案している。

今回の「タドれる応援プロジェクト」は、EZOUSAGIのクラフトリカー「CRAFT LIQUOR TODOMATSU」1本につき280円を銀座ミツバチプロジェクトに送り、ミツバチをはじめとする生物多様性保護活動や環境教育活動を支援するものだ。

ミツバチ減少を目の当たりにしているEZOUSAGIだからこそ、「危機感を持って解決策に取り組みたい、もっと多くの人、都会に暮らす人にも知ってもらい、一緒に解決の糸口を見つけていきたい」という思い。これを受け、同社が展開するタドれる応援プロジェクトが橋渡しをして、銀座で養蜂を展開する「銀座ミツバチプロジェクト」とのマッチングが決定した。

下川町で生まれた手づくりの酒


冬はマイナス30度。町面積の90%が森林、人口約3200人の北海道下川町。「CRAFT LIQUOR TODOMATSU」は、そんな下川町で生まれた、手づくりの酒だ。下川町産の菩提樹百花蜂蜜、トドマツが使用され、特に町の基幹産業である林業のシンボルであるトドマツは、柑橘系のさわやかな香りを楽しめる。

農家と養蜂家と森のプロフェッショナルが、それぞれの生業を生かし合う旗印としてつくられたもので、異なる事情を持つ相手を理解し共存するために対話を紡ぐ酒となっている。販売価格は3080円(税込)。

応援金の支払履歴を可視化

同取り組みは下川町内の養蜂家、農家、林業者などが集まって設立されたEZOUSAGI、2006年に銀座周辺で働く有志たちが集まり、ビルの屋上でミツバチを飼う活動を始めたことからスタートした銀座ミツバチプロジェクトとの協業で実現。

商品代に含まれる応援金280円が情報を改ざんされることなく、誰に・いつ届いたのかを見える化している。応援金の支払履歴も、特設サイトより確認可能だ。

今後は北海道下川町と東京銀座をつなぐイベントや、銀座ミツバチプロジェクトで採蜜されたはちみつでの商品開発などさまざまな展開を視野に入れているとのこと。

買った人も寄付した人も寄付された人も当事者意識でつなぎ合わせ、買うだけで終わらない、買うことから始まる、これからの販売の在り方、消費の在り方に注目してみては。

EZOUSAGI×銀座ミツバチプロジェクト:https://updater-blockchain.jp/ezousagi

(山川温)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録