アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

裁判員裁判をリアルに体験!参加型裁判演劇「極刑」東京ウィメンズプラザにて1/27開催

/

目次


リーガルパークが、劇団うわの空・藤志郎一座とコラボレーションし、参加型裁判演劇「極刑」を、1月27日(金)に東京ウィメンズプラザにて開催する。

リーガルパークは、法やルールの意義を考える「法教育」に関する事業に特化した団体。全国学⽣法教育連合会(USLE)と連携し、⼤学⽣・法科⼤学院⽣を引き連れて、全国の⼩・中・⾼校で模擬裁判や模擬投票等の法教育授業を展開する。

裁判員裁判をリアルに体験できる演劇

参加型裁判演劇とは、参観する観客と一緒に判決を考える日本初の参加型演劇。裁判所から裁判員候補者として呼出されたという設定で、来場した時からすでに参加が始まっている。

ルーレットのくじ引きで6名の裁判員が選出され、裁判官と並んだ席に座り、被告人や証人に直接質問。審理終結後、別室に移り評議して判決をくだしてもらう。選出されなかった人も、会場にてネットで質問、評議、評決を投票。まさに裁判員裁判をリアルに体験できる演劇となっている。

その時の参観者、そして裁判員に誰が選出されるか。毎回毎回、裁判の進行と判決が変わる。

あなたなら、どう裁くか

参加型裁判演劇「極刑」は、都内墨田区で起きた強盗殺人事件のストーリー。

被告人の佐瀬研一は、借金に追われ、かつて勤務していたホリカワ機械を訪れて経営者の堀川秀男に借金を申し込んだものの、拒絶された。被告人は、事務所の机の中にはいつも数万円の現金が置かれていることを思い出し、それを盗もうと決意した。深夜、ホリカワ機械の事務所に侵入し、金を探したが、秀男に見つけられた。被告人は、持っていたナイフで秀男を刺し殺し、さらに、物音に気付いて事務所にやってきた秀男の妻良子にも見つけられ、良子まで刺し殺した。この後、被告人は、引き出しにあった12万円入りの封筒を奪って逃走した。

裁判において、検察官は死刑を求刑。弁護人は死刑を回避すべきと主張した。被告人、被害者それぞれがもつ背景。あなたなら、どう裁くだろうか。

前売券発売中


総合演出は、元検察官でリーガルパーク代表理事を務める弁護士・今井秀智氏が担当する。チケットはカンフェティにて発売中だ。

弁護士監修の参加型裁判演劇「極刑」で、裁判員の体験をしてみては。

■参加型裁判演劇「極刑」-私が法廷に!?-
日時:1月27日(金)13:00/17:00 開場は開演の30分前
会場:東京ウィメンズプラザ (東京都渋谷区神宮前5-53-67)
料金:前売 一般3,500円、学生2,500円
   当日 一般4,000円、学生3,000円
※全席自由・税込。来場の際、学生証等の提示が必要。
公式ホームページ:http://legalpark.jp/kyokukei/
チケット購入ページ:https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=70034&

(江崎貴子)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録