アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

いつも着てる「トレーナー」に「パーカー」、ホントの名前は違うって知ってた?

/

目次

運動する時だけでなく日常で「トレーナー」や「パーカー」をおしゃれに着こなす人が増えていますね。横文字なので、海外から伝わってきた言葉のように思えますが、実はそうではありません。「トレーナー」や「パーカー」と言っても英語圏の人に通じないこともあるのです。外国では、これらをどのような言葉で表現するのでしょうか。

海外では通じない!?「トレーナー」・「パーカー」という言葉

174726 s

運動する時に着られる丈夫で動きやすい服装に選ばれる「トレーナー」や「パーカー」。最近はおしゃれに着こなす人も増えてよく耳にするこの言葉ですが、実は英語圏の人には伝わらないこともあるようです。 なぜなら、トレーナーやパーカーは英語圏で生まれた言葉ではなく、日本で生まれた和製英語。海外では通常使われていない言葉なのです。

英語で「トレーナー」・「パーカー」はなんと言えば通じる?

25157133 s

トレーナーを英語で言うと「sweatshirt(スウェットシャツ)」、パーカーは「hooded sweatshirt(フーディドスウェットシャツ)」。 パーカーはhooded(フードのついた)sweatshirt(トレーナー)と言います。「sweatshirt(スウェットシャツ)」の部分は同じ言葉を使い、トレーナーやパーカーのように違う呼び方にはなりません。

「スウェットシャツ」と「トレーナー」の違いは?

22264610 s

前述したように英語でトレーナーのことをスウェットシャツといいますが、日本でも最近はトレーナーをスウェットシャツといって販売しているアパレルが増えてきました。

スウェットシャツとトレーナーは同じ服なの?と疑問に感じる人もいるかもしれませんがどちらも同じ服の名称といっていいでしょう。

もともと日本で吸収性がよく丈夫で柔軟な生地の名称を「スウェット生地」と呼び、生地名としてスウェットという言葉が広まっていました。

その結果「トレーナーとスウェットシャツは違うかも?」という曖昧さを生んでいるかもしれませんね。

まとめ

普段着ている洋服の「トレーナー」や「パーカー」という言葉。英語圏でも通じるのかと思えば、日本でしか通じない和製英語だったとは意外でしたよね。 アパレルブランドのグローバル化で、トレーナーの言い方がスウェットシャツへ名称が移行しているようです。 これを期に、トレーナやパーカーの言い方をスウェットシャツ、フーディドスウェットシャツに、切り替えて使ってみてはいかがでしょうか。なんだかオシャレになった気がするかも!


関連記事



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録