読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】つわりがピークに? 妊娠3ヶ月の過ごし方・気をつけたいこと

このコラムにありがとう

目次

妊娠3ヶ月は、つわりがピークを迎えるとともに、子宮が徐々に大きくなることで、さまざまなマイナートラブルが起こりやすい時期です。ここでは、具体的にどんな変化が現れるかや、お腹の赤ちゃんの状態、この時期に気をつけたいことなどをご紹介していきます。

この記事の監修ドクター

産婦人科医 岩木有里 先生 金沢医科大学卒。京都府立医科大学産婦人科、京都第二赤十字病院、済生会吹田病院を経て医療法人オーク会へ。東洋医学にも詳しく、 不妊治療での漢方薬処方も行なっている。産婦人科専門医、母体保護法指定医、日本東洋医学会会員、日本女性医学学会会員。

妊娠3ヶ月はどんな時期?

504377120

つわりがピークに

妊娠3ヶ月は、妊娠週数でいえば8~11週にあたります。この時期になると、ほとんどの人がつわりを経験し、そのピークを迎えます。つわりの症状は、人によって差がありますが、代表的なものは次のとおりです。

・吐き気・嘔吐 ・眠い・だるい ・食べ物の好みが変わる ・匂いに敏感になる ・気分がイライラする ・頭痛がする

子宮がどんどん大きくなる

妊娠3ヶ月だと、まだお腹は大きくなってきませんが、赤ちゃんの成長にともなって、もともとは鶏の卵くらいの大きさだった子宮が、大人の握りこぶしくらいの大きさになります。このため、子宮に膀胱や直腸が圧迫されて、頻尿(トイレが近くなる)や便秘になったり、子宮と骨盤の間の靭帯が引き伸ばされて、脚の付け根あたりに引きつるような違和感を感じたりすることがあります。

皮膚トラブルが現れやすい

妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増えるため、メラニン色素がたくさん作られるようになります。その結果、シミやソバカスが増えたり、乳首や外陰部、脇の下が色素沈着で黒ずんだりすることがあります。ただし、ホルモンの変化で増えたシミ・ソバカス、黒ずみは、出産を終えてホルモンバランスが正常に戻れば、だんだん目立たなくなっていくので、あまり神経質になる必要はありません。

赤ちゃんは胎芽(たいが)から胎児に

これまでの赤ちゃんは、しっぽが生えた魚のような姿で「胎芽(たいじ)」と呼ばれていました。しかし、妊娠8週目からは、「胎児」と呼ばれるようになり、どんどん人間らしい姿になっていきます。

週別の変化をみていこう

518339068

妊娠8週目

赤ちゃんの状態

・頭臀長(とうでんちょう:頭のてっぺんからお尻までの長さ)…15~20mm

妊娠8週目の赤ちゃんは、骨が徐々に硬くなり、体全体がしっかりしてきます。また、肘、手首、膝などの関節がはっきりわかるようになり、手には、5本の指の原型ができ始めます。さらに、脳、筋肉、神経系発達の発達にともない、手足をピョコピョコ動かしたり、体の向きや位置を変えたりするようにもなります。ただし、この時期の赤ちゃんは、まだとても小さいので、お母さんは、その動きを感じる取ることができません。

お母さんの変化

個人差はありますが、そろそろつわりがピークの時期に入り、食欲不振や吐き気、胃のむかつきなどの症状がもっとも辛くなってくる頃です。また、この時期頃から、赤ちゃんや胎盤に血液を供給するために、血液の生産量が増え、血液の量が少しずつ増えていきます。

妊娠9週目

赤ちゃんの状態

・頭臀長…22~30mm

赤ちゃんは、頭が丸くなってきて、首ができ、頭と体が分かれてきます。今までお尻についていたしっぽのようなものも短くなり、体は2頭身になります。また、心臓が力強く脈を打ち、胃、肝臓、腎臓も機能をし始めています。性別がわかるようになるのは、まだもう少し先ですが、外性器に男の子と女の子の違いも現れてきます。

お母さんの変化

引き続き、つわりのピークが続いて、つらい時期です。また、子宮が大きくなってくることで、便秘や頻尿になることもあります。

妊娠10週目

赤ちゃんの状態

・頭臀長…31~42mm

これまで、アルファベットの「C」の字ように体を丸めていた赤ちゃんですが、この時期になると、姿勢が真っ直ぐになり、より人間らしい姿になってきます。また、皮膚が分厚くなってきて、今まで透けて見えていた血管が見えなくなっていくとともに、手足の爪や髪の毛のもとも現れてきます。

お母さんの変化

つわりのピークが続いていますが、中には、少し症状が落ち着いてくる人もいるでしょう。また、ホルモンの影響で、シミが目立ったり、乳首や乳輪などの色が濃くなったりしてくることがあります。

妊娠11週目

赤ちゃんの状態

・頭臀長…44~60mm

赤ちゃんは、胴体が少しずつ伸びてきて、この頃には、だいたい3頭身になります。また、腎臓や膀胱が機能するようになったことで、羊水を飲み、それをまた羊水の中におしっことして排出できるなります。さらに、妊娠4週目から続いていた「器官形成期」がいよいよ終わるときがきて、この頃には、主要な器官や臓器がほぼできあがります。

お母さんの変化

そろそろつわりが落ち着いてくる頃です。やっと体調が良くなってくるので、動き回りたくなる人もいるかもしれません。でも、安定期に入るのは、妊娠5ヶ月頃からなので、今はまだ無理をしないでおきましょう。また、この頃から、人によっては、お腹まわりが少しふっくらしてくることもあります。

妊娠3ヶ月に気をつけたいこと

585288026

つわりのときの食事について

つわりが苦しくても、「赤ちゃんのためには、しっかり食べないといけない」と思う人もいるかもしれません。でも、この時期の赤ちゃんは、まだとても小さいので、それほど栄養を必要としていません。今は無理をせず、自分が口にしやすいものを、好きな時間に、食べられる量だけ食べられるようにしましょう。ただし、繰り返し吐いていると、水分が不足して、脱水症状に陥ることがあるので、水分補給はこまめに行なってください。

ひどいつわりは治療が必要

つわりが重症化して、病的な状態になってしまうことを「妊娠悪阻(にんしんおそ)」といい、この場合は、水分や栄養補給のための点滴など、治療が必要です。次の項目に1つでも当てはまるものがある人は、できるだけ早く病院を受診しましょう。

・数日間ほとんど何も食べられない状態が続いている ・起き上がっているとフラフラする ・妊娠してから体重が5kg以上減った ・トイレに行っても尿が出ない、もしくは極端に尿の量が減った ・1日に何度も繰り返し吐いてしまい、日常生活が送れない

仕事をしているお母さんは上司に報告を

つわりがピークを迎えるこの時期は、体調不良が起きやすく、仕事に支障が出てしまうかもしれません。また、いずれは産休をとることになるので、会社は、仕事の割り振りや人員の調整をする必要が出てきます。ですから、妊娠していることがわかったら、直属の上司には、なるべく早めに報告をしましょう。また、その際は、次のことも伝えるとよいでしょう。

・出産後も働く意志があるかどうか ・妊娠中に業務内容を変更してもらう必要があるかどうか ・つわりなど、体調面の変化について ・出産予定日や産休の予定について ・育児休暇をとるかどうか

「母性健康管理指導事項連絡カード」を活用しよう

つわりがきつくても、「休みを取りたい」「勤務時間を短縮してほしい」などと会社に言いづらい場合は、「母性健康管理指導事項連絡カード」を利用してみるとよいでしょう。

これは、仕事を持つ妊婦さんが、主治医から勤務時間の短縮、仕事の制限、休業などの指導を受けた際に、事業主に的確に伝えることを目的としたカードで、必要事項を主治医に記入してもらって、会社に提出します。カードを提出された事業主は、記述に従って、適切な処置を講じる義務があります。

母性健康管理指導事項連絡カードは、厚生労働省のHPからダウンロードできます。また、母子健康手帳に様式が記載されている場合は、それをコピーして使うことも可能です。

まとめ

173331608

妊娠3ヶ月目は、つわりが一番きつくなる時期ですが、この月の終わり頃には、それも徐々に落ち着いてきます。つわりが治まれば、体調が良くなっていくので、頑張ってこの時期を乗り切りましょう。また、ストレスを抱えていると、つわりが重くなりやすいので、今は体のことを1番に考え、無理をしないことが大切です。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年4月20日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録