読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】葉酸は妊婦貧血にも効果的? 知っておきたい重要性とは?

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

貧血でお悩みの妊婦さんは、葉酸が十分に摂れているか確認しましょう。今回は妊娠中の葉酸の重要性と、葉酸の摂取不足でなぜ貧血が起こるのか、などをご説明します。

この記事の監修ドクター

産婦人科医 岩木有里 先生 金沢医科大学卒。京都府立医科大学産婦人科、京都第二赤十字病院、済生会吹田病院を経て医療法人オーク会へ。東洋医学にも詳しく、 不妊治療での漢方薬処方も行なっている。産婦人科専門医、母体保護法指定医、日本東洋医学会会員、日本女性医学学会会員。

「妊婦貧血」ってなに?

101930225

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠期間中の貧血は「妊婦貧血」とも呼ばれ、非妊娠時の貧血とは区別されることがあります。これは「妊娠期間中はどうしても貧血になりやすい」という事情があるからです。したがって、妊娠したら葉酸の摂取量を適切に増やすなどしないと、簡単に貧血になってしまう恐れがあります。

妊娠期間は貧血になりやすい

妊娠期間中に貧血になりやすい理由をご説明する前に、皆さんはそもそも「貧血とは何か」をご存知でしょうか?よく、貧血を説明する時に「血が足りない」などと表現されますので、血液の量が通常よりも少なくなっていると思っている方もかなり多いと思われます。

結論から申しますと、貧血とはほとんど「酸欠」に近い症状です。貧血の方は、血液中のヘモグロビンや赤血球の量が、通常よりも少なくなっています。ヘモグロビンや赤血球の働きは、体に取り入れられた酸素を全身へ運搬することですから、不足すれば細胞に酸素が送られなくなってしまうわけです。実際に、貧血の症状としては「顔面蒼白、立ちくらみ、頭痛、動悸、息切れ、めまい、頭がぼーっとする」などがありますが、これは酸欠時の症状ともだいぶ重なります。

さて、妊娠期間中に貧血になりやすい理由は「血液が薄まっている=赤血球濃度が低下している」からです。赤ちゃんが大きくなるにつれ、母体のトータルの血液量は増加しますが、赤血球の生成が追いつかないことも一因と考えられます。さらに、造血成分が胎児の成長に優先的に回されてしまうことで、より妊婦さんが貧血になりやすい条件が揃うのです。

貧血の種類

貧血には、実は多くの種類があります。妊婦貧血の原因はほぼ特定できますが、以前から貧血ぎみだとという方は、他の可能性も知っておいた方が良いでしょう。

■鉄欠乏性貧血 貧血の主要な原因として考えられるのは「鉄欠乏性貧血」です。その名の通り、鉄分の摂取不足によって貧血が引き起こされます。通常は、偏食や極端なダイエット、外食やインスタント食品の多い食生活などで、単純に鉄の摂取量が不足することが原因です。このほか生理(月経)の多い方なども鉄不足になることがありますが、妊娠中の鉄不足は無自覚のまま進行する危険性もあります。

■巨赤芽球貧血 赤血球の生成に必要な、葉酸やビタミンB12が不足することで起こる貧血です。通常は、よほどのアルコール好きや偏食家でない限り葉酸不足になることは少ないのですが、妊娠時はそのリスクが増すと考えてよいでしょう。

■溶血性貧血 赤血球にはもともと4ヶ月程度の寿命しかありません。したがって、赤血球の生成に必要な栄養素を常に不足なく摂取する必要があります。しかし溶血性貧血では、何らかの理由で赤血球の寿命が短くなってしまうのです。代表的な理由としては、先天的な赤血球の変形や後天的な自己免疫性疾患で起きることが多いですが、マラソンなどの長距離走の選手にも見られます。近年では、ジョギング・マラソンがブームとなっていますので、一般の方でも溶血性貧血になる可能性があると考えられます。

■再生不良性貧血 骨髄の働きが低下し、血液がうまく作られないことで発生する貧血です。こちらの病気であることが発覚した場合、専門医のもとで、適切な治療を受ける必要があります。

妊婦貧血の原因として多いと考えられるのは「鉄欠乏性貧血」と「巨赤芽球貧血」の2つと考えられます。

葉酸がどうして貧血対策になるの?

184701455

妊娠期間中の貧血の原因は「造血成分の需要が増しているから」と言うことができます。これはもちろん、赤ちゃんを育てるために必要だからです。ママが摂取した栄養素は、もはやママだけのものではありません。葉酸をはじめ、鉄などの造血成分は、へその緒を通じて赤ちゃんへ優先的に届けられます。

秘密は葉酸の「造血作用」

葉酸には「造血作用」という働きがあります。これは文字通り血液を作る働きのことで、具体的には、「赤芽球」の生成をサポートします。赤芽球は「赤血球のもとになるもの」ですから、貧血予防・解消には不可欠な成分の1つと言えるでしょう。

一緒に摂取したい成分

貧血の改善・予防に役立つ栄養成分は葉酸だけではありません。以下に、貧血ぎみの妊婦さんに「きちんと摂取できているか」を確認していただきたい栄養成分をまとめました。

■鉄 すでにご紹介した微量ミネラルの1つです。もともと、不足しがちなミネラルとして知られています。鉄は、タンパク質とともにヘモグロビンの主成分となりますので、常に不足しないように摂取する必要があります。ちなみに、鉄はあらゆる食材に含まれますが、吸収率の良い「ヘム鉄」は肉や魚に含まれます。肉や魚をあまり食べない、そもそも好きではないという方は、鉄のサプリメントを常に用意しておく必要があるでしょう。

■タンパク質 赤血球・ヘモグロビンのもとになりますから、良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。1度ににたくさん食べても、体内に貯蔵はできませんので、毎日適量を摂取する必要があります。肉、魚、卵はもちろん、大豆製品や乳製品も良質なタンパク源になります。

■ビタミンB12 葉酸とともに造血作用を持つ成分です。ちなみに、葉酸はビタミンB群ですので、ビタミンB12とは仲間です。ビタミンB群は1つだけ摂取するよりも、複数で摂取した方がお互いの働きを高め合ってくれますから、葉酸とはベストマッチのビタミンと言えます。

■ビタミンC 葉酸を活性型に変換してくれるビタミンですので、一緒に摂取できるとベターです。ちなみに、非ヘム鉄(野菜や果物に含まれる、あまり吸収率のよくない鉄)は、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率を高めることが可能です。

葉酸をどれくらい摂取したらいいの?

517107096

1日の推奨摂取量

葉酸の1日の推奨摂取量は、妊娠前後によって大きく変化します。妊活中の方もご覧になっていらっしゃることでしょうから、妊娠前後の「葉酸の1日の推奨摂取量」を以下にご紹介します。

・非妊娠時の女性 …240マイクログラムを食事で摂取

・妊娠前の女性(妊娠の可能性がある女性や妊娠計画している女性) …640マイクログラム(240マイクログラム分は食事で、400マイクログラムはサプリメント・強化食品で摂取)

・妊娠中の女性 …480マイクログラム

・産後の女性 …340マイクログラム

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(厚生労働省)を見ますと、「妊娠前以外は、基本的に食事からの葉酸摂取で大丈夫」とされています。しかし、妊婦さんはつわりや食欲の波で、きちんと食事をできないことも珍しくありません。このように考えますと、どのような状況でも葉酸が不足しないように「サプリメントは常に手元に置いておくこと」が安全といえます。完全なサプリメント頼りも問題ですが、サプリメントを上手に使うことで葉酸不足を避けることが可能です。

摂りすぎは良くないの?

ママの貧血を防ぎ、赤ちゃんの成長を支える、大変魅力的な栄養素「葉酸」。しかし、どんなに重要な栄養素だからといって「摂取すればするほど効果が強まる」と言うわけではありません。あくまでも1日の推奨摂取量を目安に「摂りすぎないこと」が大切です。

それでは具体的に、摂取の上限量がどれぐらいかといいますと「1,000マイクログラム」です。これは、少々食事を食べ過ぎた位で達するような量ではありませんのでご安心ください。ただし、サプリメントを1度に大量服用するなどすれば、不可能な摂取量ではありません。特に葉酸を長期的に大量服用した場合は、「生まれた赤ちゃんのアレルギーリスクが高まる」と言う指摘もあります。いずれにしても、葉酸の摂りすぎには何のメリットもありませんから、避けるべきといえます。

葉酸は「妊娠前」から摂取したい!

494066462

葉酸の推奨摂取量は、妊娠前から大幅に増大します。このことを知らないと、貧血の原因になるだけではなく、赤ちゃんの先天的な障害の原因にもなるのです。妊婦さんにとって、葉酸は「最重要栄養素の1つ」といっても過言ではありませんが、それをご存じない方もいらっしゃるようです。

葉酸の重要性を知らない妊婦さんが多い?

葉酸の摂取は「神経管閉鎖障害のリスクを低減する」ことが、広く世界的に認められています。神経管閉鎖障害は胎児の先天障害の1つで、神経管がうまく作られないことによる障害を指します。神経管閉鎖障害の中でも「二分脊椎」は、将来的な障害や合併症といった後遺症を残す要因となります。しかし、葉酸をきちんと摂取するだけで、そんな先天障害のリスクを低減することができるのです。これは素晴らしいことですが、そんな「葉酸の重要性」を知らない妊婦さんもまだまだ多いようです。

「日本の環境と子供の研究:JECS」には、国内の1万人の妊婦さんを対象とした「葉酸の摂取状況調査」の結果が報告されています。「妊娠前4週〜妊娠12週までの葉酸サプリメントの内服率」は、たったの7.4パーセントという結果になりました。

この調査は平成15年〜平成20年にかけて行われた調査ですので、今は葉酸サプリメントをきちんと飲む妊婦さんも増えているかもしれません。しかし、ここ数十年での「低出生体重児の増加傾向」なども考えますと、まだ妊婦さんの間に充分には浸透していないのが現状と言えるでしょう。

妊娠中期〜後期の貧血に気をつけて!

医師や専門家によっては、「妊娠中期〜後期にかけて妊婦貧血が増える」と考えるケースもあります。葉酸や鉄などの造血成分が胎児の成長に使われ続けている以上、妊娠中期〜後期にかけて妊婦貧血になりやすくなる可能性は十分にあると言えるでしょう。

ちなみに「なんとなく感じている不調」の原因が、実は「貧血の初期症状」であったという事例も少なくないと考えられます。なんとなくぼーっとしたり、疲労感やだるさが抜けなかったり、イライラや寝付きの悪さが続いたり、立ちくらみ、めまい、耳鳴りがしたり…。「妊娠のせいで疲れているんだろう」と納得してしまいがちですが、実は、葉酸や鉄などの「造血成分不足」という可能性も疑っているみるべきでしょう。

まとめ

455465887

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

貧血ぎみの妊婦さんは「推奨摂取量の葉酸や鉄が毎日摂れているか」を見直してみると良いでしょう。不足しがちであることがわかったら、サプリメントを補助的に利用してみてください。それでもなかなか貧血が改善しないようならば、かかりつけのお医者さんにご相談ください。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年4月22日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録