ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

上品&カッコよく!《ベージュ×ブルー》でアートするネイルデザイン

目次

肌馴染みの良い上品なベージュと爽やかなブルー。これらを組み合わせると、上品でカッコいいネイルデザインを作ることができます。ベージュとブルー、それぞれの色味を調整することで、デザインバリエーションもさらに広がります。この記事では、ベージュ×ブルーでアートするネイルデザインをご紹介します。

ベージュ×ブルーはシンプルなデザインでも素敵

 (588053)

Dolce.Nail (埼玉)

via itnail.jp

上品カラーのベージュと、爽やかカラーのブルー。ミスマッチにも思えるこれらのカラーですが、色味や使い方によっては、とても素敵なデザインを作ることができます。

例えば、ベージュとブルーを使ってシンプルに爪をカラーリングするデザインはいかがでしょうか。親指、人差し指、薬指はベージュで、中指、小指はライトブルーで…というように、爪ごとに色を塗り分けるのです。

上品に仕上げたい場合はライトブルーを、お洒落度高めなデザインにしたい場合はドーニングブルーやネイビーといった濃いめの色味を使うといいでしょう。

 (588055)

DOTTY (銀座)

via itnail.jp

ベージュベースにブルーのフラワー柄をプラス

 (588057)

Re Pool (東京・世田谷)

via itnail.jp

ベージュ×ブルーのネイルは、ベースをベージュでカラーリングし、ブルーのフラワー柄をアートしても素敵なデザインになります。

例えば、透明感のあるベージュをベースに、ホワイトやブルーでフラワー柄を描くデザインはいかがでしょうか。爪全体にフラワー柄を描いてもいいですし、爪の先端や根元、サイド…というように、部分的にアートするのもおすすめです。

爪の先端にだけブルーのフラワー柄を描き、フレンチ風のデザインにするのも素敵ですよね。また、フラワー柄と同じブルーのワンカラーネイルをプラスすると、全体的に統一感のある仕上がりになるでしょう。

 (588059)

IRISÉE (大阪・淀屋橋)

via itnail.jp

ベージュ×ブルーのお洒落ストライプネイル

 (588061)

I nails (アイネイルズ)

via itnail.jp

ベージュ×ブルーのネイルは、ストライプデザインにするのもおすすめです。

例えば、ベージュを使ってベースカラーリングをし、その上にブルーのストライプ柄をアートするデザインはいかがでしょうか。等間隔で同じ幅のストライプラインを描いてもいいですし、幅の異なる線を描いたマルチストライプデザインにしてもいいでしょう。

また、ベースに使ったのとは色味が異なるベージュや、複数種類のブルーを使ってカラフルなストライプデザインをアートするのも素敵です。



Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録