読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】出産直前! 妊娠39週目の胎児の状態・安産のための準備

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

今回は、出産直前の妊娠39週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。

この記事の監修ドクター

産婦人科髙野博子先生 産婦人科専門医、抗加齢医学会専門医 12年間勤めた東邦大学医療センター大森病院を退職、東京労災病院産婦人科副部長を経て平成29年4月より実家の大鳥居医院に勤務。当院は70余年、地域に密着する、産婦人科・小児科・内科の医院です。産婦人科をメインとし、女性のライフステージに合わせたホームドクターとしての女性医療を志しております。

妊娠39週目ってどんな時期?

520621008

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ほぼ3,000g…大きく育ちました!

日本産科婦人科学会のデータ(*)によると、妊娠39週目の胎児の体重は2,989gが平均値とされています。低出生体重児の定義は「出生体重が2,500g未満」なので安心ですね。仮に発育が遅く児の体重が2,500g以下であれば、おそらく児は産後しばらく保育器で過ごすことになると思います。在胎週が28週を超えた時点で生存率95%以上、出生体重が1,500g以上あれば後遺症の心配も5%未満と大変低くなります。

(*「妊娠週数別の胎児体重の基準値(超音波検査法による)」日本産科婦人科学会http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_hatsuiku_kyokusen.pdf)

しょっちゅうトイレに…

おしっこが近くて、しかも残尿感が。尿漏れも気になる。さらには排便もすっきり出てくれない。おりものが増える…。臨月前後のママはトイレの悩みで大変かもしれません。これはある意味で出産が近づいてきたサインなので、すっきり解消することは難しいでしょう。むしろ頻尿やトイレの回数増加を恐れて、水分を取らなくなることの方が問題です。良好な血液循環のためにも、水分をしっかりと摂るようにしてください。ただし、砂糖が多く入っているジュースなどは、体重のコントロールを難しくします。普段の飲み物は、水やカフェインレスのお茶にしましょう。

妊娠39週目に体内で起きる変化

622018948

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠期間が進むにつれ、胎内では目まぐるしい変化が起こります。それだけでなく、ママの心身にも変化が生じるのです。ここでは妊娠39週目に起こる体の変化を詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんの変化

脳、筋肉、骨、内臓、五感…。赤ちゃんはすでに、いつ産まれても大丈夫なほど発達しています。ただし、肺だけは肺サーファクタント(肺表面活性物質)を生成し続けるなど、出産直前まで発達し続けると考えられています。

それから妊娠39週目になると、「胎脂」が剥がれてきます。これは赤ちゃんを覆っていたもので、分娩をスムーズにする役割もあると考えられます。出産直前の赤ちゃんがべたついていたら、それは胎脂のためということですね。ちなみに羊水が白っぽくなっているのは、剥がれた胎脂が混じったためです。

ママの変化

健診にきちんと行っていますか?自主的に受ける場合は「妊娠36週以降は毎週1回の健診」が厚生労働省からもすすめられています。(*)なお、すでに里帰りをして、入院までゆっくり過ごしているママもいるでしょう。つい安心して気が抜けて何もする気が起きないかもしれません。安静に過ごすと言う意味では全く問題ありませんが、食べ過ぎや運動不足にはご注意ください。食べ過ぎや運動不足による体重増加は難産の原因になりますので心しましょう。

(*「すこやかな妊娠と出産のために」厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken10/)

妊娠39週目に必要なこと

506139898

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

眠れるときに寝ておく

出産間近となりましたが、夜はきちんと眠れていますか? 初めての出産を思うと、不安で眠れないと言う人もいるかもしれません。それだけでなくトイレが近くなったり、足腰の痛みや大きなお腹のせいで寝付けない、などのケースもあるでしょう。もし、夜十分に眠れていないというママは、お昼寝なども上手に取り入れて、眠れる時に寝ておくことをおすすめします。初産の場合は、陣痛も含めてトータル10時間を超えることが予想されます。人によっては、丸一日近くかかるケースもあります。とにかく、お産は体力勝負ですから、体力を温存する意味でも睡眠を重視し、疲労をためないような生活を送ってください。

運動をやめる必要はありません

「いつお産が来てもおかしくないから、運動は控えた方が良いのではないか」…そんな風に考えるママも多いようです。しかし、医師から控えるように言われていない限り、適度に運動しても全く問題ありません。軽い散歩やストレッチを中心に、気分転換も兼ねて積極的に行うとよいでしょう。ただ、お腹も大きいため体のバランスも悪くなりがちです。動きすぎて転倒しないように気をつけてください。

妊娠39週目の注意点

179014856

妊娠39週目はどんなことに気をつけておくべきでしょうか。最後に、注意点を確認していきましょう。

陣痛が起きたらまず産院へ電話を

プレ陣痛とも言える前駆陣痛は、体勢を変えたり、少し動いていると消えることがあります。お腹の張りや痛みも不規則で、なおかつ長いスパンで起きるので「これが前駆陣痛か」と考えておけば良いです。一方、分娩につながる本格的な陣痛では「5分〜10分間隔という規則的なお腹の張り・痛み」が訪れます。

この状態が1時間程度続けば、本陣痛の可能性がかなり高いので、普段健診を受けているかかりつけ医や産院に電話してください。「1時間も様子を見ていて、その間に生まれちゃったらどうするの!?」と不安なママもいるかもしれませんが、初産婦さんの場合は陣痛があったとしてもすぐに赤ちゃんが出てくるわけではないのでご心配なく。経産婦産の場合はなるべく周期的な陣痛発来を認めたら早めに病院に連絡するようにしましょう。病院に行く準備を進め、途中で破水も来た場合は、急がず病院へ移動します。移動手段は、事前に登録しておいた陣痛タクシーか、ご家族の運転する自家用車が良いでしょう。

夜に陣痛が来たらどうすればいいの

初めてお産を経験するママにとっては全てが不安に思えるかもしれません。特に「深夜に陣痛が来たらどうしたら良いのだろう」と不安になる方は案外多いそうです。まず第1に、分娩を取り扱う産院あるいは産婦人科は24時間対応しています。出産予定日の正確な日にちや時間帯を予測することは不可能です。

赤ちゃんにとっては世間が休日であろうと、寝静まった深夜であろうと関係ありません。分娩施設ではもちろんそのことを把握していますので、いつ妊婦が運び込まれても良いようにスタンバイされています。第2に陣痛タクシーですが、これも「365日24時間対応」のところばかりです。

まとめ

97437064

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「本当に24時間年中無休で対応してくれるのだろうか」と不安な方は、分娩施設やタクシー会社に問い合わせても良いですが、ママにいつ陣痛が来ても大丈夫なように世の中は整備されています。仮に不安なことがあっても多くの分娩施設はいつでも連絡がつくので、心配しなくても大丈夫です。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年4月27日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録