アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「いつもオバサンひとつ結び」な40代の髪悩みが消える?新ドライヤー登場!

目次

オトナサローネ編集長アサミいわく、まとめ髪の日は「ただのひっつめにせず、毛先をきちんと巻いておく」のがモテの鉄則なのだそう。

とはいえ、オトナサローネでは「脱・オバサン1つ結び」記事はいつでも非常に高人気です。

脱出したいくらいですから、普段からただの1つ結びをしている人は多いということがわかります。

ここから浮かび上がってくるのは

「できれば毎日、オバサンに見えない程度に、そこそこいい感じに髪を整えたい」

「でも毎朝これ以上の時間は物理的にかけられない」

「もしプラス15秒程度でいい具合にまとまるなら、ぜひその方法が知りたい」

まさに私もそう思っている!という40代の髪迷いです。

 

ダウンにできるならダウンにしていたい!

そもそも髪も、ダウンスタイルのままで大丈夫ならダウンにしていたいんです。

しかしそこはエイジング毛の悲しさで、下ろせば後ろの髪がふくらんで落ち武者になります。くるりんぱやギブソンタックなど手間少なめなまとめ髪も、やっぱりサイドの留め損ねた毛で落ち武者に。結局タイトに一つ結びにして、サイドはジェルで押さえてしまったほうが…という「労力とのせめぎあい」の結果がひっつめ。この点は、どれだけ言い訳しても言い訳しつくせない、悲しさやうしろめたさがないまぜになった何かがあります。

 

…という心をそのまま代弁するアイテムが登場

こんな言い訳をしながら毎日ひっつめる私の気持ちに、先ごろ発売されたダイソンのスタイリングドライヤー(スタイラーと言うのだそうです)が矢のごとく刺さりました。

ダイソン エアラップ スタイラー、以下エアラップは、髪を傷める高い「熱」ではなく、「風」でスタイリングする製品。

ああ、私がドライヤーすらめんどくさがるようになったのは、「熱」が髪を傷めている感覚がどうしてもイヤだったからなんだ、と改めて気づかされた製品です。

 

スペックを説明するといろいろありますが、日常での使用上のポイントをシンプルにまとめると

 

・熱くない

・速乾

 

大変訴求点がわかりやすいアイテムですが、ダイソンはこの女性の美に対するシンプルなポイントの追求のため、日本円にしてこの新製品だけで35億円もの研究開発費を使ってきたのだそう。美容家電はすでに「熱」の次元を越え、空力エンジニアリングの世界に突入しているのです。

 

髪はご存知の通り、「高い熱」を加えるとその分傷みます。また、水分を加えた状態では強度が弱まり、力をかけると引きちぎれます。ですから、なるべく余分な熱や力をかけず、なるべく水に濡らす時間を少なく、クイックにスタイルを作るほどよいのですが、ここで重要なのが「風」です。風も、ただ強く吹いては髪が絡まるだけなのは強風の日のことでわかる通り。風の量と向きの制御が重要なのです。

 

エアラップは「コアンダ効果」という空力現象を応用しており、ヘッドにカーラーをセットして髪に近づけると自動的にくるくると髪が巻き付いていきます。過度な熱や余計なひっぱり力をかけることなく髪をくるりと巻いてくれるのです。また、スムージングブラシ(デンマンブラシタイプのヘッド)でもブラシ表面にコアンダ気流が流れ、吸い付くように髪流れを整えてくれます。

 

この不思議な吸い付き感、30秒の動画でご確認ください。

 

使ってみるとわかる、これなら「毎日できる」感

 

カーラーを実際に使ってみた結果が、下の写真の向かって右。

髪が巻き込まれるタイミングに慣れていないので美巻髪とはいきませんでしたが、少なくとも私はブラシとドライヤーでこんなに巻けたことがありません。髪が巻き込まれる向きが一定なので、左右でヘッドを付け替えるのが手間といえば手間ですが、最近肩の具合が悪くて左側に腕を伸ばすのもしんどいので、むしろこうして付け替えて手元で巻けたほうが一定の強さで巻けることに気づきました。

 

ストレートはどうでしょうか。ヘッドを変えて試します。

私の髪はコシがなくパーマもかかりにくいオバ毛ですが、スムージングブラシでまっすぐ伸ばすだけで風と熱がツヤを出してまっすぐに。肩から背中の部分にご注目ください。

【BEFORE】

【AFTER】

肩下のぼわっとした部分がエイジング上どうしようもないのですが、スタイリング剤も使わずただとかしただけでまとまったのがわかります。

 

アタッチメントの種類によって2タイプ発売

ダイソン エアラップ Volume Shapeの内容がこちら。手前の本体にセットして使います。

エアラップの標準的なアタッチメントは、Volume Shapeというタイプで上記の通り。30ミリと40ミリの2タイプのカーラー(アタッチメントのうち左4本)、プレスタイリングドライヤー(同右はじの前列)、スムージングブラシ(ソフト)です(同右はじの後列)。カーラーは2本で1組で、巻き込む向きによってヘッドを付け替えます。

Completeというタイプを選ぶとラウンドボリュームブラシ、スムージングブラシ(ハード)の2つがプラスされます。これらは別売りで選択も可能です。

ダイソン エアラップ Volume Shape オープン価格/ダイソン

いずれも専用の収納ボックスが付属します。少々大きめですが、インテリアにマッチする品のいいラウンドシェイプ。このほか、ダイソン直営店(表参道・横浜・御殿場・神戸三田・広島)では限定モデルのブラック/パープルが発売され、自分の髪ニーズに応じて3タイプのアタッチメントを選んでセット可能です。

私なら、直営店でスタッフの方に相談しながら、どの3タイプがいちばんいいか決めたいです! というのも、髪のトップにボリュームを出したい場合、スムージングブラシは「ハード」のほうにして逆毛を立てたほうがいいとの話も。どれにするかじっくり迷ってみたいのです。

10/30(火)まで、伊勢丹新宿店、銀座三越ではポップアップストアもオープン中。また、10/31(水)には銀座三越地下1Fに百貨店常設4店めがオープンします。ぜひ体験しに行ってみてください! 詳しくは公式サイトをチェック。

 

ダイソン公式サイト

■編集長アサミの婚活ヘアとは?
■大人気「ひとつ結びでもおしゃれアレンジ」シリーズ

関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録