アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

美人がやっている♡モテ”チーク”の入れ方のコツ

目次

ふんわりとした血色の良いチークは、健康なイメージ、またはモテメイク必須の条件ですね。でもなぜか濃くなってしまったり、上手にぼかせなかったりして、思ったように仕上がらない。という経験がある方も多いのではないでしょうか。

チークの入れ方は顔の印象を変える大事なポイントです。

だからこそ、上手に仕上げたい!という方にお勧めの方法を今回はご紹介します。

モテメイクの条件♡ふんわりチークの基本

使うアイテムにこだわってみる

shutterstock_308843060

ふんわりチークを仕上げるには、厚みのある大きめのチークブラシを使うときれいに仕上がります。チークに付属しているブラシでつけるのではなく、大きめなチークブラシでつけましょう。

小さな付属ブラシだと、角型にカットされているのでふんわりのせるのが難しく、線になって色がのってしまいます。そのため、一部分が濃くなったり、上手にぼかせなかったりしてしまいます。

それに比べチークブラシは厚みがあって、丸くカットされているのでふんわりとのせることができます。


塗り方

shutterstock_205957348

まずたっぷりとブラシに粉をつけて、ティッシュで払って余分な粉を落とします。その後頬の高い部分にサッとのせます。目安として瞳の真下から、耳の付け根に向かって楕円形をイメージしてブラシを左右に動かします。

なりたい印象別に、可愛く仕上げたい場合は横向きの楕円形。大人っぽく仕上げたい場合は斜めにこめかみに向かって縦の線を意識して入れるとシャープになり、小顔効果もあります。

このように、道具にこだわってみるというのもメイクを上手に見せるポイントです。しかもブラシを使うと、メイクを丁寧にしているような気がして、セルフイメージも上がってきて一石二鳥です。ぜひ、試してみてください。


位置のポイントは?

ほうれい線にチークカラーをかけない!

ぼかしているうちに、ついつい最初に決めた位置から塗り広がってしまいがちなチーク。実は、ほうれい線に近づけば近づくほど…老け顔になってしまうんです。


その理由は、ほうれい線にチークカラーがかかることによって、顔の重心が下がったように見えてしまうから。これじゃあ、せっかくのメイクが一瞬で台無し!!


この塗り方では、色っぽさを演出するどころか…ブルドックフェイスに一直線です。



じゃあ、どうすればいいの?

チークカラーをのせるときのポイントは、小鼻よりも上の位置に広げるように塗りましょう。また、顔のサイドまで広めにカラーをのせるとリフトアップ効果抜群ですよ。


いつもチークは欠かさないという方も、そうでない方も…チークで新しい印象づくり♡


明るく健康的な血色は…どんなポイントメイクよりも、見る人をハッとさせるような主役級の魅力を持っています。



チークを濃くつけすぎちゃったときはどうする?


チークを濃く入れ過ぎてしまった場合「おてもやん」みたいに子供っぽいメイクになってしまいますよね。

そんな時はコットンやスポンジ余分な粉をお取り除くようにしましょう。

濃くつきすぎてしまったチークの境界線をぼかすように軽くたたきながら消していく自然なグラデーションになっておすすめです。

今の流行りは・・・?



  • 溶け込むチークを小鼻の横から水平にのせる
  • ポイントチークを目頭側に丸くのせる
入れ方はこの2ステップでOK!
顔の中心が高くなり、色っぽく自然な仕上がりになります。 小鼻より下にのせると、笑ったときにほうれい線に影がかかり老けた印象になってしまうので気を付けてくださいね。

また、狙った位置にピンポイントでのせたいので、大きいブラシはNG! 小さめのブラシやチップでのせると◎

チークを使った裏ワザ

鼻下にチークを入れ、短く見せる!

shutterstock_344457569


美人顔である鼻下を短く見せるため、考えられたのが鼻下チーク。やり方は簡単!

1. 大きめのチークブラシに濃いオレンジのチークをとります。おススメはメロンオレンジ。 ピンクや明るいオレンジ、パール入りのものだと膨張して逆に鼻下が長く見えてしまうので注意。

2. 人中(鼻下の溝)にブラシをあて、そこを起点に左右にササッと動かしチークをオンします。人中が最も濃くなるようにチークをのせて鼻の下に影をつくり、陰影で鼻下がくぼんだように見せるのがポイント。

簡単なのに、効果は絶大。さらに、笑顔でいることで鼻と口の距離が自然に縮まります。この夏は鼻下チークととびきりの笑顔で、美人顔を手に入れちゃいましょう!


/

この記事の著者

beautyまとめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録