アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

先行予約価格で受付中!フランス語・スペイン語学習教材『多言語版パルキッズ』登場

/

他のおすすめ記事を読む
シャトレーゼ通販しか買えないよ~!限定なのが惜しい!独り占めしたいスイーツセット

目次


幼児・小学生向け家庭学習用オンライン英語教材「パルキッズ」シリーズを提供する児童英語研究所は9月29日(金)から、多言語「フランス語・スペイン語」学習教材「多言語版パルキッズ」の提供を開始する。

多言語版パルキッズについて

「多言語版パルキッズ」は「パルキッズ」で培った言語学習メソッドを他の言語にも応用して学習できるサービス。家庭内で取り組むことができ、0歳から小学生までの幼児・児童が対象となる。

多言語を学ぶメリット


幼児・児童の言語教育といえば英語のバイリンガル教育が挙げられるが、トリリンガルやそれ以上の多言語学習となるとそのメリットについてはあまり知られていない。実は多言語学習にはバイリンガル教育だけでは達成できないメリットがいくつかある。

まずは、経済的なメリットが挙げられる。国際的にビジネスを展開する上で、英語力は当然のように求められるが、より深いコミュニケーションを図りたいならば、やはり現地の言葉を知っていることが重要だ。

日本では珍しいが、海外では国際的なビジネスを行う場合、英語話者がフランス語やスペイン語などを操ることは当然のようにある。

また、昨今注目されている多様性に関しても、多言語学習者は寛容である。言語を通して様々な国の文化や人々に触れることが多様性を知るための入り口となる。多言語を知っているだけで、多様性の世界に触れることができる。

さらに、多言語学習は、言語だけでなく、思考力においても好影響を与える。言語学習においてワーキングメモリ(言語情報を一時的に操作する領域)にかかる負荷は大きい。

そのため多言語学習を行うことでワーキングメモリが大きくなり、与えられた課題を多面的に処理できるようになる。多言語教育は頭の良い子を育てるための最も効率の良い方法の一つだ。

フランス語・スペイン語を学ぶ理由


多言語学習を行うにあたって、人口で言えば中国語やヒンズー語などが挙げられるが、話者がそれらの国に限定されているため、よりグローバルに使える言語とは言い難い。

そういった意味では、南米やヨーロッパで使用され、母語人口世界3位であるスペイン語はまず押さえておきたいところだ。

また英語学習者にとっては、その語彙の6割がフランス語由来であることから、フランス語も有力な候補になる。かつて世界の公用語であった歴史を持つ点においても、フランス語を学ぶメリットは大きい。

非常にシンプルで取り組みやすい構成


「多言語版パルキッズ」の取り組みは非常にシンプルで取り組みやすい構成になっている。まずは1日約30分、「多言語版パルキッズ」の音声をかけ流す最も重要な取り組みがある。しかし、意識して聞くわけではなく、食事中、勉強中にBGMとして流す「ながら聞き」で良い。

また週2回、かけ流しの内容と連動した動画を見せる取り組みも行う。かけ流しや動画視聴はすべてスマートフォン、タブレット、PCで行なうことができるので場所を問わず取り組むことができる。

先行予約価格で受付中

児童英語研究所では「多言語版パルキッズ」の新発売にともない、9月28日(木)までの期間限定で先行予約価格での販売を行なっている。

詳細は、児童英語研究所公式ウェブサイト内「多言語版パルキッズ」教材ページにて。また「多言語版パルキッズ」教材ページではかけ流し音声や動画のサンプルも公開している。

先行予約価格での販売を行っているこの機会に、「多言語版パルキッズ」をチェックしてみては。

多言語版パルキッズ教材ページ:https://www.palkids.co.jp/palkids-multilingual/

(角谷良平)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録