アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

3割増し美人に変わる!証明写真を上手に撮るコツ5つ

目次

証明写真は運転免許証や履歴書を作る時に必ず必要となるものですが、満足のいく仕上がりにするのは案外難しいですよね。

上手に撮るコツをリサーチしたので、ぜひ参考にしてみてください。

軽くあごを引いておでこを出す


証明写真を撮る時は、軽くあごを引き、少しおでこを前に出すようにすると、程よくキリッとした表情になります。

肩の力を抜いて背筋を伸ばし、姿勢よく写りましょう。

膝の上に白いハンカチを置く


膝の上に白いハンカチを置いておくと、レフ板効果で顔色が明るくなります。

白いハンカチがない時は、メモ用紙などの白い紙でも代用できますよ。

両肩が平行になるようにする

自分ではなかなか気付かない体の歪みも、肩まで写る証明写真にははっきりと出てしまいます。

画面に出る縦・横の線を利用し、左右の肩が水平になっていることを確認してからシャッターボタンを押しましょう。

口角を上げ、自然な笑顔を作る


あまり固い表情だと頑固そうな印象になってしまうので、口角を上げて自然な笑顔を作りましょう。

いったん目を閉じた状態で口を「イ」の形に開き、そのまま口を閉じると、上手に笑顔を作ることができるので試してみてください。

眉毛と耳が見える髪型にする


就活に使う写真の場合は、顔全体がはっきりと見えていなくては書類で不合格になる場合があります。

なぜなら、眉毛や顔にだらしなく髪がかかっている状態だと、清潔感がなく、やる気がなさそうに見えるからです。

前髪は眉毛に軽くかかるくらいに整え、後ろの髪は耳を出してすっきりとまとめるようにしましょう。

証明写真は気合を入れて写そう!

免許証の写真は何年も同じものを使うし、履歴書の場合は写真の良し悪しで合否が左右されることもあるので、証明写真をいかに感じよく写すかは非常に重要です。

コツさえ覚えれば、緊張せず、自然な笑顔で撮れるようになるので、鏡の前で練習してみましょう。

清潔感のある髪型や服装を意識することも大切ですよ!

/

この記事の著者

beautyまとめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録