アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

#133  恋愛ベタ女が「3回目デート」でわかったこと【40代編集長の婚活記】

目次

婚活歴2年半の40代独女、OTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴9年以上になる恋愛ご無沙汰な女。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活などでことごとく玉砕した。

しかし、たぶん仕事で行ったレセプションで知り合った男性・ジェントルさんとはなんとか継続中。3回目のデートをすることに……。これは40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

初めて彼と会ったとき

デートを重ねて、だんだんとジェントルさんが気になりつつあった。

初めて会ったときは正直、戸惑っていた。

仕事かプライベートの誘いなのかもわからず、ゲイかバイかノンケかもわからない。ただ、料理を取り分けてくれたり、女性らしいとほめてくれたりする「ジェントルマンさ」には感動した。今までそんな経験がなかったから……。その時点でジェントルさんに、ほんのりときめいていたのかもしれない。

でも恋愛にご無沙汰な女としては、そのときめきにまだ気づけなかった。

五感でドキドキする

2回目のデートのときは、接近することでドキドキした。

タクシーの中で彼の香りにドキッとし、エスカレーターやエレベーターでのレディファーストさにキュンとした。ネイルアートを見るために手を持たれたときは脈が早くなった。

「ジェントルさんのこと好きになるかもしれない」と思った。

途中、仕事やらなにやら謎の展開になったデートだったけれど、彼と一緒に過ごしているとテンションが上がっていたのだと思う。

後悔して気づいた気持ち

2回目デートを終えたときは、後悔していた。

ゲイ疑惑が晴れ、プレゼントまでもらった。なのにディナーの誘いを断ってそそくさと帰った私。帰宅してから、なんてことしちゃったんだと激しく後悔。メールの返信がなかなか来ないことで不安になる。

そして確信した。私はジェントルさんのことが気になっているという事実に。

だから決意した。

もう「受け身」の婚活はやめよう。自分からもその気持ちを伝えていこう、と。

待ち合わせは麻布十番

3回目のデートは11:30に麻布十番の待ち合わせになった。

ジェントル「ランチ、中華はいかがですか? 餃子の美味しいお店があるんです」

アサミ「いいですね。餃子好きです!」

ジェントル「その後は六本木あたりにでも行きましょうか」

アサミ「はい。いつもお店選びしてくださってありがとうございます。楽しみにしています(^^)」

ジェントル「こちらこそ、では日曜日に! いい天気だといいですね」

 

婚活デートのコーデに悩む

デートに何を着ていこう…。

警戒しまくった1回目は、オーバーサイズのチュニック×ワイドパンツ。

女性らしいと思われたかった2回目は、白トップス×ネイビーカーデ×赤スカート。

 

ジェントルさんはシャツを取り入れた、上品なシンプルなスタイルだった。腕時計や靴などの小物にさりげなくラグジュアリーなブランドをプラスしている。

 

3回目の婚活コーデのテーマは

隣に並んでふさわしい雰囲気になりたい……かもしれない。

場所は大人の街・麻布十番や六本木。ランチからのデートだけど、今日こそはディナーも一緒に行こうと思う。「早く一人になりたい」なんて思わないようにする。

大人シンプルなジェントルさんと、夜も一緒にいることを考えたら……!

3回目デートは大人っぽく思われたい。黒のブラウス×白スカートを選んだ。モノトーンでもお地味にならないように、アクセサリーはゴールド系、足元はハイヒールで華やかにした。

デートメイクは「赤リップ」を主役に

メイクの主役はもちろん、2回目デートでプレゼントしてもらった赤リップだ。

赤リップが引き立つように、ファンデーションで肌を整えた。チークでほんのり血色感を出す程度、目元はヌーディだけどツヤのあるアイシャドウ。存在感のある赤リップだから、ほかのポイントメイクは引き算に。

髪はゆるく巻いてからポニーテールにしてみた。トップスが黒なので、重くならないように。

 

会っていきなり照れてしまう

待ち合わせ場所に着いたのは5分くらい前。あたりを見回した瞬間、背の高い男性が近づいてきた。

ジェントル「お待たせしました」

アサミ「いいえ、いま来たところです」

ジェントル「今日のファッションはエレガントですね。素敵です」

いきなりほめてくれるジェントルさん。慣れなくて照れてしまう…。

アサミ「いえ、そんな」

赤リップを塗ってきたことを言わなきゃなのに、恥ずかしくてそれ以上の言葉が出てこない。

ジェントル「じゃ、行きましょうか」

お店のドアを開けたら私を先に通してくれる。またもやレディファースト! いちいち感動する私。

 

「一緒に食べたい」って!

麻布十番では有名な高級中華のお店。私は初めて入ったけれど。

ジェントル「少し前に来て、餃子が美味しかったんです。アサミさんと一緒に食べたいなと思って」

一緒に食べたい……! そんな風に言ってくれる男性なんて初めてなんですけど! 逆に自分から言ったこともないし。ジェントルさんの言葉に舞い上がる私。

アサミ「うれしいです。このお店、美味しいって聞いたことありましたけど来たことがなかったので」

ジェントル「あ、でも昼間から餃子ですね」

アサミ「大丈夫です。このあと仕事じゃないですから」

ジェントル「一緒にニンニクくさくなっちゃいますね」

そう言いながらやさしく笑うジェントルさん。この人なら、穏やかな時間が過ごせそうな気がした。

いちいち言葉にキュンとする

オーダーしたのは、焼餃子にニラそば、五目チャーハン、麻婆豆腐。ランチからけっこうがっつり食べている(笑)。焼き餃子は大きくてジューシーな餡、そして皮がモチモチだった。ホント美味しい。

アサミ「餃子、とっても美味しいです」

ジェントル「お口に合いましたか。よかったです」

アサミ「美味しいお店をご存じですね。先日のカフェのパンも美味しかったですし」

ジェントル「それではまた行きましょう」

また行きましょう……! なんていい言葉。そう言ってくれるってことは、今後も会ってくれるってことかしら。ジェントルさんの言葉にいちいちキュンとする私。

 

言わなきゃ、赤リップのこと

そうだ、赤リップを塗ってきたことを言わなくちゃ。2回目デートでジェントルさんからもらった赤リップ。バッグの中にも入れていた。

けれど、なかなかそれを言い出せない。なんだか恥ずかしい。

仕事でもプライベートでも、わりと何でもストレートに言うほうだ。だけど恋愛のこととなると人格が変わる。言えないままの言葉が過去にもたくさんあった気がする。

赤リップのこと、言おう。

そう思いながらも結局言い出せないまま、ランチの時間は終わった。なんで恋愛になると、こんなに内気になっちゃうんだろう。

 

彼の隣を歩きながら

麻布十番の中華の店を出た。午後1時過ぎだった。

アサミ「美味しかったです。お腹いっぱいになりました」

ジェントル「天気もいいので、六本木までちょっと歩きましょうか」

アサミ「はい」

ジェントルさんと並んで歩く。お散歩デート、でいいのかな。背が高いジェントルさんは歩幅だって大きいけれど、私に歩調を合わせてくれる。やさしい空気が流れる穏やかな時間。

素敵な男性とデートするって、いいものかも……。

恋人いない歴9年以上の46歳、独女。久しぶりに「好きな人」ができたのかもしれない。

 

【恋愛から遠ざかっていたご無沙汰女子、ついに⁉ 来週2月27日(水)17時をお楽しみに!】

 

【前回はコチラ】

#132  ご無沙汰女子の「婚活が進まない」理由【40代編集長の婚活記】

  40代編集長の婚活記まとめ

☆「40代編集長の婚活記」が書籍になりました! 好評発売中です☆

『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活: 婚活して初めて気づいた、人生において大切な17のこと』


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録