アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

髪を「早く伸ばす」4つの法則とは? オバ髪でも効果アリ!

目次

「40歳を過ぎてから、髪の伸びが遅くなったような気がする……」

そんなふうに思っている女性、意外と多いのでは? 実際、40歳を迎える頃から毛髪の加齢化は顕著化するため、若い頃のような成長が見られなくなるのは仕方のないこと。

それでも正しいお手入れさえすれば、オバ髪だって早く伸ばすことは可能なのです。今回はその方法についてご紹介しましょう。

 

1・首を温めて血行促進!

健康な髪を育むためには、とにかく血行を良くすることが最も重要。そして、頭皮の血行を良くさせるための生活習慣が入浴です。40℃前後の湯船に10分間くらい浸かり、頭皮に汗を感じるくらいの入浴が理想とされます。

 

でも、毎日入浴してても、頭皮にあまり汗を感じない人もいると思います。かく言う私もその一人。これを解消するのが、首を温めながらの入浴です。

 

加齢とともに末端の血流が悪くなるのを実感していると思いますが、意外と忘れられがちなのが顔や頭皮の血行不良。そして頭皮や顔の血流改善のキーとなるのが首なのです。

 

では、具体的にどのような方法が効果的か。少し熱めのお湯でタオルを濡らし、軽く絞ってから首に当てて入浴すればOK。肩こりにも効果があるのでオススメです。

お風呂のヘリに温めたタオルを置き、もたれ掛かる状態で入浴するのがベター。

 

2・頭皮用エッセンスで頭皮環境を整える!

頭皮の血行促進で代謝を良くさせても、頭皮が傷んでいたら健康な髪は育ちません。40歳を過ぎた髪は頭皮環境が衰えていく一方。髪を早く伸ばしたいなら、シャンプー&コンディショナーの後に、頭皮用エッセンスを使うのがオススメです。

 

また、エッセンスをつけた後にマッサージをするのが重要です。そして肝心のマッサージですが、全体の髪を持ち上げるだけで十分! これだけで頭皮全体に血流の流れを感じることができます。ドライ髪の状態でも簡単にできるので、1日数回行うのも良いでしょう。

 

それだけではもの足りない人には、頭皮の良いとされるツボ・百会(ひゃくえ)も紹介しておきましょう。このツボは頭のてっぺんにあり、頭皮だけでなく胃腸にも良いとされています。ツボの押し方としては、中指の腹を使い、軽く押すのがベストです。

髪を下から上に引き上げるだけ。特に顔まわりはコリやすいので入念に。ボサボサになるくらい大胆に髪を逆立てて!

 

3・髪を限界まで切らない!

1年に伸びる髪の毛の平均は15cm。こまめにカットしていたら、いつまで経っても同じような長さのままです。なので、髪を伸ばしている間はなるべく髪を切らないのがベスト。

 

でも、伸ばしているとバランスが崩れてしまい、毛先はバラバラになってしまいます。キレイな髪をキープさせるためには、毛先のカットはとても大切。ですから、髪をカットするときは最低でも3ヶ月に1回に抑え、毛先をほんの少し切る程度にしましょう。

 

そしてココがとても重要。カットのオーダー時、美容師さんには「毛先をちょっと切るだけ!」と強く念押ししましょう。美容師さんとしては、バラバラになった髪は見ていて不快ですし、形の崩れた髪型も整えたくなってしまうもの。そう、私達の思いとは別の思考が働いてしまうのです。

 

また、髪を伸ばしている間は、絶対美容師さんのチェンジは辞めておいた方が良いでしょう。毛先だけのカットですから、次に違う美容師さんが髪型を見たとき、必ず短くさせたい衝動に駆られるハズですから。

髪を伸ばすまでは、美容師さんの助言にも耳を貸さないこと。とにかく「髪を伸ばしたい!」という意志を伝えることが大切。

 

4・髪のクセを矯正する!

年齢を重ねると、クセはどんどん強くなります。「自分はそんなにクセはないから」と思っている人も、実は生えグセがあったり、髪のうねりが目立つようになっているハズ。

 

そしてクセがある状態で髪を伸ばしていると、クセのない髪と同じ長さでも短く見えてしまいます。ですからクセ毛を矯正するだけで、髪は早く伸びるような錯覚を起こすのです。

 

クセ毛を治す方法としては様々な方法がありますが、以前にも紹介したストキュアのように、髪に優しいストレートパーマをかけるのが私達世代には良いと思います。

 

それでもパーマに抵抗がある人は、サロンのトリートメントで髪のうねりを解消するのがベスト。中でも私が注目しているのが、アメリカでオーガニック認定を受けたケラチンを使用したトリートメントのビーナスケア。都内では表参道のNaturaさんで施術を受けることができます。

 

今回話をお伺いしたNaturaのクリエイティブディレクター・内藤新士さんによると、『本来はケラチンを髪内部に溶かして定着させ、髪にハリとコシを与えるのが目的のトリートメントです。施術にはアイロンを使うため、同時にうねりも解消されるのが特徴。3回継続で行うと髪内部に閉じ込めたケラチンがしっかり定着して、うねりにくい髪質になりますよ』とのこと!

どんなダメージヘアにも対応可能。詳細はこちら!(画像クリックでも詳細に飛べます)

他にも「食事にこだわる」「質の良い睡眠を取る」など、髪の健康を考えて生活習慣を整えることも忘れずに! 生活習慣の乱れは、頭皮ダメージはもちろん、髪の成長にも大きく影響を与えますよ。

そしてこれは余談ですが、何を隠そう、私も髪を伸ばしている真っ最中。何度も髪を切りたい衝動に駆られておりますが、髪のケアに気合いを入れて踏ん張っております。そんな46歳(47歳まであと少し♪)の女もいますので、皆様も前向きな気持ちになって、早く髪を伸ばしましょう!

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録