アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】ハイハイをしない赤ちゃんの原因は何? 考えられる4つのケース

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

赤ちゃんの成長は日々めざましく、首が座って、寝がえりをして、お座りができるようになると、次にハイハイを楽しみにしているママやパパは多いことでしょう。ところがハイハイに関しては、ハイハイをしない、ハイハイが苦手などの心配事も多いようです。今回はハイハイについて、さまざまな面からお話します。

この記事の監修ドクター

女医によるファミリークリニック大井美恵子先生 当院では受診していただく患者様は家族と思い治すことをモットーとしており、生まれたときから、生涯を終えるときまで、ご家族全員のプライベートホームドクターを承っております。最新の小児科内科皮膚科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、 ご家族全員がいつまでも健やかで美しくあるためのオリジナル医療を提供しております。 http://www.familyclinic-hiroshima.com/

ハイハイの基礎知識

512156770

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

赤ちゃんの時ハイハイしないと転びやすくなる?

ハイハイをすることで、赤ちゃんは手足をバランスよく使うことを覚えると言います。手に何かを持って歩くと転びやすかったり、転んだときに手が前に出なかったりするのは、手足のバランスが習得できていないためと考えられます。転んだときに手が出ないと、顔を強打してケガをしてしまうことも少なくありません。

ハイハイし始める月齢は?

一般に赤ちゃんがハイハイし始めるのは、生後7~8か月が多いようです。同じ時期にお座りもできるようになります。赤ちゃんは、お座りが上手になる過程で自分の体を支えるバランス力を養い、運動神経や筋力も揃ってくると、より積極的に体を自分で動かすハイハイができるようになるわけです。

ただし、この時期にできなくても心配する必要はありません。赤ちゃんの成長は個人差が大きく、生後9ヶ月になってもハイハイしない子もいれば、ハイハイをしないでつかまり立ちをするようになる子もいます。ハイハイをしないからといって気にしすぎないようにしましょう。

「ずりばい」もハイハイの一種?

ハイハイとはちょっと違う動作で、うつぶせになってしきりに手足を動かし、ズリズリと前に進む赤ちゃんもいますね。これは「ずりばい」と呼ばれるもので、一般にハイハイの前段階として見られる動作です。つまり、ずりばいをする赤ちゃんは、ハイハイに進む準備が整ってきていることになります。

ずりばいの様子もいろいろです。始めのうちはお腹を中心にくるくると回ったり、後ろに進んでしまったり。少しずつ頭が上がるようになり、手足を上手に動かして前に進めるようになります。スフィンクスのような姿勢で、肘を使って進む「ひじばい」などの動作に変化していきます。

ずりばいには、ハイハイに必要な筋肉をつけるだけでなく、手足をバランスよく成長させたり脳を刺激して発達を促したりする効果もあります。ただし、ずりばいにも個人差があって、まったくずりばいをせずにハイハイをするようになる赤ちゃんもいれば、ずりばいからハイハイに進むのに長い時間がかかる赤ちゃんもいます。過剰に心配せず、赤ちゃんなりの成長を見守りたいものです。

10ヶ月なのにハイハイしない3大原因

470760307

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お座りが多いとハイハイが遅れる?

赤ちゃんの首が座ると、比較的早い時期からお座りをさせることが増えているようです。実際、お座りの姿勢が好きな赤ちゃんは多いもの。お座りをすると、目線が高くなるので楽しいのです。クッションや「バンボ」を使えば、安全に安定したお座りの姿勢がキープできます。周りにおもちゃを置いておけば、一人遊びだってしてくれているかもしれませんね。忙しいママにとっては大助かりでしょう。

しかし、お座りの姿勢ばかりさせておくのは、問題があるとされています。お座りの状態で至りつくせり、不満なく慣れてしまうと、自ら動こうという意識が起こらなくなってしまうのです。ずりばいやハイハイが遅れることもあるようですよ。

ずりばいからすぐつかまり立ちをする意外な原因

家の中で赤ちゃんの行動範囲となる部屋に、ソファーやテーブルなどの家具があるお宅が多いのではないでしょうか。畳の部屋で家具もほとんどなかった時代とは、住環境も大きく変わりました。そして、そのことが赤ちゃんの成長過程に影響していると言われています。

ソファーやテーブルのようにつかまって立てるものがたくさんある環境では、ずりはいが少しできるようになると、赤ちゃんはつかまり立ちをするようになります。ハイハイをあまりすることなく、ずりはいからいきなりつかまり立ちへと移行してしまうのです。

ハイハイ時期の過保護にも要注意!!

お座りができるようになってくると、多くの赤ちゃんは、寝転んだ姿勢で放っておかれるのを嫌がるようになります。そしてギャン泣き。ママはほとほと困ってしまい、お座りさせたりおんぶしてみたり。あの手この手と泣き止ませるために手を尽くしますが、実は、こうした対応がハイハイを身につける過程を奪っている場合もあるようです。昔から「赤ちゃんは泣くのが仕事。泣かせておきなさい」と言われますが、自力で動く力を養う意味でも一理あるのですね。

歩行器が原因でハイハイが苦手に?

歩行器は、赤ちゃんにとってもママにとっても便利なもの。赤ちゃんにとっては、楽に行きたいところに行け、ママにとっては、余計なところには手が届かず、しかも転ぶこともないので安全で安心。ただし、赤ちゃんがハイハイをする必要性を感じなくなってしまう傾向があるとして、以前から注意を促されています。

歩行器を使っている場合には、使う時間を減らすことを心がけましょう。ちょっとの苦労の継続が、赤ちゃんの身体機能の発達を促すことになるのです。

ハイハイしないのは障害があるせい?

498488835

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

シャフリングベビーって?

シャフリングベビーとは、生後6ヶ月から1歳頃までの間に、ハイハイをせず座ったまま移動しようとしたり、立つのを嫌がったりする赤ちゃんのことをいいます。シャフリングベビーという言葉は、「shuffle=足を引きずって歩く」からきていて、お座りをしたままおしりを使って進む赤ちゃんの動きを指しています。座ったままで進む子という意味で、「いざりっ子」と呼ばれることもあります。

シャフリングベビーの主な特徴は、次のとおりです。 ・首すわりやお座りは上手にできる ・うつぶせ寝が嫌い ・寝返りがゆっくり、または苦手 ・ハイハイせず、座ったままおしりでズリズリと移動する ・立たせようとしても床に足をつけたがらない ・兄弟姉妹や親の誰かがシャフリングベビーだった

シャフリングベビーのほとんどが、1歳6〜9ヶ月頃までには歩き始め、その後は普通に成長していきます。赤ちゃんの個性の一つと考えてよいでしょう。

病気のせいでハイハイできない4つのケース

何かの病気が原因でハイハイできず、シャフリングベビーの特徴が現れている場合には、治療をすることが大切です。異常を感じたら、かかりつけ医や地域の健診などで相談するとよいでしょう。考えられる病気には、主に次のようなものがあります。

・先天性ミオパチー

先天性ミオパチーは、筋肉の異常によって筋力・筋緊張低下、呼吸障害などを引き起こす病気です。乳児の場合には、シャフリングベビーのような症状の他に、発育の遅れや哺乳障害などがみられます。お座りができないことも特徴で、シャフリングベビーとの相違点です。基本的には遺伝性の病気なので、家族が先天性ミオパチーと診断されている場合には気をつけておきましょう。

・発達障害

いろいろなタイプの発達障害の中で、発育の遅れや運動機能に影響を与える「発達性協調運動障害(DCD)」の場合に、ハイハイをしないことがあります。「ボールを蹴る」「字をきれいに書く」といった協調運動がうまくできない障害です。発達障害は早急に判断をせず、かかりつけ医に相談しながら成長を見守っていくことが大切です。

・知的障害

知的障害とは、知的能力の発達が遅れた状態のこと。ママが妊娠中に風疹に感染すると、赤ちゃんが知的障害を持って産まれてくる可能性が高くなると言われています。

・脳性麻痺

赤ちゃんがお腹の中にいるときから生後4週までの間に、脳に何らかの障害が発生し、運動に異常が起きる病気が脳性麻痺です。赤ちゃんのうちに診断するのは難しく、一般には2?3歳で検査によって診断されます。

自然にハイハイさせるコツが知りたい!!

508388128

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ママも一緒にハイハイしてみよう

ハイハイが苦手だったり、上手にできない赤ちゃんには、ママやパパがお手本を見せてあげましょう。早い子では生後7〜8ヶ月あたりから、大人の真似をして簡単な動作ができるようになります。ママやパパが楽しそうにハイハイをしている姿を見れば、少しずつハイハイに興味を持つようになるはずです。後追いをする時期なら、ママが自分もハイハイしながら「こっちにおいで?」と声をかけてみるのもよい方法ですね。

ハイハイ競争も効果的

兄弟やママやパパと、ハイハイ競争をしてみましょう。楽しく遊び感覚でできることなら、無理なくがんばれるはずです。ハイハイは、赤ちゃんにとってだけでなく、もう少し大きくなった子どもや大人にとっても、とてもよいトレーニングになります。みんなでハイハイ競争を楽しんでみましょう。

赤ちゃんがハイハイしやすい床かチェック

赤ちゃんがハイハイしやすい環境かどうかは大きなポイントです。家具が多く、床に物がたくさん置いてある状態では、ハイハイをしようにもスペースがありませんね。赤ちゃんとしても、動こうという意欲がわきません。部屋の環境を見直して、赤ちゃんが動けるようなスペース作りを考えてみてください。ハイハイしやすいように床にマットを敷いたり、ゴミや埃がないように掃除することも大切です。

まとめ

ハイハイしないのは、ハイハイできる環境を親が作ってあげていない場合があります。一度環境を見直してみることも大切です。その上で、赤ちゃんの成長をおおらかな気持ちで見守りましょう。ハイハイに限らず、成長のペースは一人一人違います。他の子と比べたり、無理やり発達を促すようなことのないように。赤ちゃん期には個人差が大きく表れますが、小学生くらいで身体機能の差はほとんどなくなってくるものです。むやみに焦らず、それぞれの個性と受け止めてあげてくださいね。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年6月15日


1

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録