アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

潔く処分して…!「オバ見え40代」ほどポーチにインしている痛リップって?

目次

口紅は、その日の顔色やメイク全体の雰囲気をも左右するほど、重要な役割を担うコスメのひとつ。

ところで世間には、星の数ほどの口紅があるけれど、この口紅の選びかたひとつで「オバ見え」もすれば「若見え」もするのが、私たち40代の傾向でもあります。

「いつも適当な口紅をポーチに入れているだけだから、オバ見えしているかちょっと心配!」とお感じになった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、残念なことに「オバ見え」してしまう40代女性ほど、ポーチに入れている確率が高い“痛リップ”のお話です。

 

口紅のせいで「うっかりオバ見え」を招く40代のNGリップ1:時間が経つと乾燥し縦ジワが目立つ

塗った直後にはみずみずしいツヤやハリが感じられても、時間の経過とともに乾燥するタイプの口紅は、40代を想定外にオバ見えさせるデンジャラスな存在。

縦ジワやパサつきを感じさせる口紅は、ひと目で「うるおい不足」に見えることから、実年齢以上に乾いた印象を与え、老けたイメージを加速させがちです。

昨今の口紅には、うるおいが持続する優秀なものも多くなっているけれど、プチプラに頼りすぎていたり、今年トレンドのマット感に走りすぎたりしてしまうと、こういった落とし穴にもハマりやすくなるのでご注意を。

 

口紅のせいで「うっかりオバ見え」を招く40代のNGリップ2:会話をしているとヨレてくる

メイクを仕上げた直後には、それなりの密着感があったとしても、食事や会話による口もとの動きによってヨレてくる口紅も、オバ見え加速アイテムのひとつ。

食事中や会話中の口もとは、なかなか自分ではチェックする機会がないだけに「気づけばオバサン!」を招きやすい盲点でもあるかもしれません。

口紅の一部にヨレた唇や、輪郭の外にまで滲んでいるリップメイクは、それだけでだらしない印象を与えると同時に、清潔感に欠けるイメージも与えがち。

発色は美しくとも密着度の低いリップを使っている人ほど陥りがちなワナなだけに、テスターを試す際には、塗った箇所をわざと動かすなどしてしっかりチェックを。

 

「やや○○色調」には注意! 次ページ

口紅のせいで「うっかりオバ見え」を招く40代のNGリップ3:時間が経つとくすんでくる

塗った直後には「いい具合」の発色に感じても、時間の経過とともに“くすんだ質感”が強まる口紅も、私たちを老けて見せる典型リップ。

特に、最初から「ややくすんだ色調」で仕上がっている口紅のなかには、最初はよくとも、だんだんとその色が褪せてくる色みもあるので要注意。

40代の肌は、ただでさえ夕方になるとそれなりの“くすみ”や疲労感が出やすいのも否めないだけに、ここに“褪せたようなくすみカラー”の唇が加わってしまうと、さらなる生活感やお疲れムードを醸し出してしまいやすいのです。

この春夏も、ちょっとくすんだ発色の口紅がトレンドだけに、持続力の弱い発色の口紅を使っていると、気づかぬうちにハマりがちな落とし穴のひとつです。

 

ぱっと見で「いいかも」と選んだ口紅であっても、実際に使ってみたら「ちょっと違った」というのは、比較的よくあるお話。

しかし自分では「いい具合」が持続しているつもりで、想定外の“オバ見え”を招いていたら、これほどショックな展開もありません。

口紅を新調したときには特に、メイク直後の仕上がりだけでなく、ある程度の時間が経過したあとの状態も、よーくチェックしておくほうが安心です。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録