アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。

この記事の解説助産師 佐藤 裕子先生 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

産後の生理再開はいつから?

1058130494

Getty logo

生理(月経)とは、不要になった子宮内膜が排出される、女性の体の働きです。

女性は初潮が起きてから閉経するまで、およそ1ヶ月ペースで生理が繰り返されます。妊娠期間中は生理が止まり、産後にまた再開されますが、まずはその仕組みと再開時期を確認しましょう。

妊娠と生理

まずは妊娠と生理のメカニズムを、 女性の体の仕組みから確認していきましょう。

生理が来てから次の生理が来るまでを生理周期(月経周期)といいます。人によってこの周期は多少異なるものの、約1ヶ月、25~38日が正常な生理周期とされ、多くの場合は28~30日の周期とされています。

生理周期は「女性ホルモン」が司っています。まず、視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が分泌され、この刺激により、下垂体から卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌されます。卵胞刺激ホルモンは、卵胞の1つを少しずつ成長させ、エストロゲンというホルモンを分泌。それに伴って子宮内膜も厚くなっていきます。やがて卵胞が2cmほどになり、エストロゲンが十分な量に達すると、下垂体から排卵のサインである黄体ホルモン(LH)が分泌され、排卵が起こるのです。

排卵した卵胞は黄体に変化し、ここからプロゲステロンが分泌されます。 妊娠が成立し、さらに胎盤が完成すると、胎盤からエストロゲンとプロゲステロンが作られるようになるのです。実は大量のエストロゲンとプロゲステロンは、 下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモンを抑制。これによって妊娠中は排卵も抑制されるのです。

さて、分娩後はエストロゲンとプロゲステロンが急激に低下します。このようなホルモンバランスの急激な変化によって、マタニティブルーズなどの症状も発生。ホルモンバランスは、あくまでもゆるやかに、非妊娠時の状態に戻っていくのです。

産後の生理再開は?授乳してると再開が遅れる?

妊娠期間中に分泌が抑えられていたFSHやLHは、産褥期の後半になると徐々に正常化していきますが、その回復が不十分なために排卵には至らず、産褥無月経や、無排卵性子宮出血を起こします。また、産褥無月経については、乳汁分泌時に分泌されるプロラクチンが密接な関係を持つと考えられています。

生理再開の時期は人によって差があるものの、授乳しているママで産後3~4ヶ月で生理が来ることが多いようです。授乳をしている場合、乳汁分泌を促すプロラクチンが排卵機能を抑制することで、生理の再開が遅れる傾向があります。 一方、授乳をしていないママの場合はそれより早く、産後2ヶ月ほどで生理が再開することが多いとされています。

また、授乳している限り生理が来ないという勘違いをしているママもいるようですが、そんなことはありません。授乳中に生理が再開することも少なくありません。

生理が再開するまでは避妊の必要はない?

962854020

Getty logo

生理の再開に伴って気になるのが、夫婦の大切なスキンシップの手段である「性生活」のこと。 生理が再開するまで妊娠はしないのでしょうか。

産後の排卵

すでに見てきたように、産後の生理の再開時期には、個人差があります。 ただし、産後初めて生理よりも前に排卵が起こるケースもあります。性器からの出血がなくても排卵しているケースがあるため、妊娠の可能性は十分にあります。妊娠を望まない場合は、コンドームの使用などで避妊はしっかりとおこなってください。

性行為のスタート時期は?

産後の性行為の再開時期は諸説ありますが、少なくとも1ヶ月健診で医師の診断を受けるまでは性行為を避けましょう。産後1ヶ月以降も、帝王切開の場合であれば創の回復のために半年程度、それ以外の場合でも産褥期間(産後6~8週)は子宮の回復のため、子宮を休める必要があります。

それまではスキンシップを重視して、セックス以外の方法で愛情を深めるとよいでしょう。

いずれにしても、女性器をはじめ、体のコンディションがしっかりと回復するまでは、気をつけることが肝心です。不安があればかかりつけの産婦人科で相談するといいでしょう。

まとめ

産後の生理の再開時期には、ママごとに個人差があります。女性ホルモンのバランスが妊娠前の状態に少しずつ戻りながら、生理も再開されるのです。授乳中のママの場合は、生理再開までの期間が長引く傾向があります。

なお、産後の性行為の再開は「ママの回復を最優先」としてください。目安としては「1ヶ月健診を終えてから」ですが、 生理の再開がない段階でも排卵の可能性はあります。

万が一に備えて、避妊はしっかりと行いましょう。

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:佐藤裕子先生)

※画像はイメージです


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て



0

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録