ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】 おりものから酸っぱい臭いがする?! おもな原因と対処方法

目次

清潔にしていてもなくならない体臭は、ストレスに感じる人が少なくないかもしれません。ましてやデリケートゾーンの臭いが、いつもより強くなっていたり、変わっていたら気になります。この記事では、「おりものから酸っぱい臭いがする?!」と気づいたときの対処方法を、一般的に考えられる原因とあわせてまとめました。

この記事の監修ドクター 矢追正幸先生 矢追医院(東京都足立区)院長、 獨協大学さいたま医療センター産婦人科講師 土日も平日と同じ診療が受けられるクリニック(婦人科・皮膚科・美容皮膚科・女性性感染症内科・女性泌尿器科)で、仕事や子育てなどで多忙な女性の美容と健康づくりをサポートしている。 http://www.yaoi.org

499145600

Getty logo

おりものとは?

おりものとは、腟や子宮、子宮頸管などから出ている分泌物のこと。おりものの分泌は、卵巣のはたらきで分泌される女性ホルモンの影響を大きく受けます。心身の調子などにとくに変化がなければ、ほとんどの時期は、ほぼ臭いのない透明〜白っぽい液体で、これによって腟は健やかなうるおいを保っています。

おりもののはたらき

うるおいを保つ以外にも、おりものには重要なはたらきがあります。

子宮頸管から分泌されるおりものは月経周期によって質(分泌液の粘度など)が変化しており、排卵期には、精子が子宮に到達して妊娠するのを助けるのです。

正常なおりものの状態

健康な状態で分泌されるおりものの量や質には個人差があります。また、妊娠や性的興奮(セックス)などで量が増えることもあります。おおよその分泌量は月経周期にともなって次のように変化します。

月経後

2、3日後から出はじめ、少しずつ量が増えます。

排卵期

おりものの量がもっとも多く、質も変化しやすい時期です。排卵日が近くにつれ、量が増えてサラサラしてきますが、排卵が起こると粘り気がある状態に変わります。

月経前

排卵期をすぎると、白く濁って徐々に量が減ってきて、月経直前になるとさらに少なくなります。

「月経前におりものの量が多く、外陰部のかゆみといった不快な症状がある場合は婦人科を受診しましょう。膀胱炎の原因となることもあります。膀胱炎は便秘や下痢がちな人、排泄時に拭くのが後ろから前の人、性行為後などになりやすくなります。」(矢追先生)

健康でも「酸っぱい臭い」はする?

多くの場合は無色無臭で気にならないものですが、おりものが下着などに付いて乾燥すると、白っぽく、もしくは黄ばんで見えることもあり、すこし酸っぱい臭いがすることもあります。

普段から同じ「酸っぱい臭い」を感じている程度なら、心配はありません。なぜなら、「乳酸桿菌」という常在菌が腟内環境を酸性に整え、病原菌などから守っているため、いくらか「酸っぱい臭い」がするのは自然なのです。

たとえば月経周期とあわせて考え、排卵前のおりものの量が増える時期に「酸っぱい臭い」に気づくというなら、それは相対的な量が増えているため、普段より臭いを強く感じるとも考えられます。

ただし、下着などについたおりものの色や臭いだけでは、おりものがどこから出たものか、病的ではないかを判断することはできません。見え方は照明などの環境、下着の色などで変わるでしょう。臭いの感じ方・表現も、人それぞれです。

普段の状態と違って不安なときは自己診断をせず、婦人科を受診して原因を確かめましょう。

異常なおりものの状態

おりものの異常について、一概にはいえません。

生理的に分泌されるおりものの量や質に個人差があるので、人により「普段とは違う」ことが異常な状態となります。ですから異変を「見比べる」ために、日頃からすこし意識をしておくことが大切です。

とはいえ、多くの女性が「おりものの異変」に気がつくのは、(普段よりとても多い)、状態(濃い・粘り気が強い、白いかたまり)、(海のような色、血液が混ざった色、黄色・緑を帯びている)、臭い(生くさい、酸っぱい)などからです。

おりものの異変がしばらく続く・繰り返す場合、おりものと同時に、かゆみや痛みなど不快な症状がある場合、出血の可能性を思う場合、すぐに婦人科を受診してください。

おりものの臭いが気になるとき考えられること

先にも述べたとおり、臭いの感じ方は人によってまちまちで、同じ臭いも「生くさい」「酸っぱい」と表現が分かれる場合もあります。

そこで、ここでは「気になる臭いがする」と感じるような場合に可能性がある原因について紹介します。いずれの場合も、婦人科で診察を受けて原因別の治療やケアが必要です。

1デリケートゾーンの洗いすぎなどによる腟内の変化

腟の中は常在菌のはたらきによって自浄作用として「酸性の環境」が保たれる仕組みがあります。

しかし、ひんぱんに腟洗浄をおこなったり、刺激の強い石けんを使って洗いすぎたり、ストレスや体調不良から免疫力が低下するなどして、腟の中がアルカリ性に傾くといった環境変化が起きると、おりものの臭いが変わることがあります。

また、腟内がアルカリ性に傾くことはセックス後、腟の中に精液が残っている場合にもあり、4で紹介する不正性器出血などでも起こります。

2持病の薬での治療の影響

抗菌薬など、持病の治療のために服用している薬の影響で、おりものの臭いが変わることがあります。医師から処方された薬は必要があって出されているので、勝手に中断したり、減らしてはいけません。婦人科の診察時に、現在飲んでいる薬を伝えれば、症状と関係するかどうか医師が判断します。

3臭いのあるおりものが見られる病気の可能性

・細菌性腟症

「細菌性腟症」や「萎縮(いしゅく)性腟炎」、「非特異性腟炎」は、何らかの原因から腟の中の自浄作用の低下とともに起こる病気で、出血をともなう場合があり、おりものの臭いが変わることがあります。

腟の炎症は、放っておくと子宮頸管炎や卵管や卵巣の炎症、子宮内膜炎などに進むことがあり、妊娠中の女性の場合は妊娠経過などに影響があることもあります。

「萎縮性腟炎」は閉経後だけでなく、「非特異性腟炎」とともに体力や抵抗力が低下しているときや女性ホルモンが急激に低下する産褥期にも起こります。

・トリコモナス腟炎

トリコモナス原虫の感染によって起こる腟炎「腟トリコモナス症」は、セックス以外にもタオルなどの共有や、トイレ・風呂場を介して感染することもある感染症です。

一般的に、強い異臭を放つ泡状の黄緑色のおりものが確認されることが多く、色は少量の出血が混じり茶色く見えることもあります。トリコモナス症の感染は、尿路など他の器官・臓器にも広がることもあるので、ただちに治療が必要です。

・不正性器出血や出血を伴う病気、その他

月経以外の性器からの出血は「不正性器出血」と呼ばれます。原因は妊娠、いずれかの性器の炎症、ホルモンバランスの変調、腫瘍、外傷(病気によるものも含む)、出血しやすくなる病気の影響、服用している薬の影響など多様です。

一般的に「着床(ちゃくしょう)出血」と呼ばれる妊娠超初期の出血や、排卵期の一時的な出血など病気ではないものも含まれます。

「気になる臭いがする」おりものは出血の可能性を否定できないもので、もしも出血していた場合、中には早急に医療が必要なケースもあります。

まとめ

普段と違うおりものの臭いが心配なときは、婦人科を受診して、医師の診察や科学的な検査で原因を確かめることが大切です。いつも同じ程度の「酸っぱい臭い」を感じているなら、心配しすぎず、変化に気をつけてすごしましょう。

おりものの分泌は、卵巣のはたらきで分泌される女性ホルモンの影響を大きく受けているので、おりものの状態に気をつけていると、卵巣のはたらきなど女性特有の健やかさがチェックでき、必要なときに適切な医療が受けやすくなります。

(文・構成:下平貴子/日本医療企画、監修:矢追正幸先生)

※画像はイメージです


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録