アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

暑くなってきた今だから……!40代が気をつけたい3つの「オバ見えメイク」

目次

気温が上がってくると、外出先でのメイク崩れが気になりがち。

きちんとメイク直しをしたつもりでも、自分でも気づかないうちに想定外の“オバ見え顔”になっているリスクも上がります。

「メイク直しで鏡を見るたびに、ギョッ」に一度でもお心当たりのある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、暑くなってきた今だからこそ、改めて気をつけておきたい、40代を「オバ見え」させるNGメイクをお話します。

 

本格的な夏の前にも要注意!40代がオバ見えする初夏のメイク1:冬仕様ファンデでドロドロ肌

まだ本格的な夏が到来する前の今時期は、冬の間から使い続けているファンデーションの残りを「使い切ってしまいたい」と、デイリーメイクに使っている人も少なくないタイミング。

 

しかし冬用ファンデーションには、気温が低く乾燥する時期に対応できるよう、保湿力を上げているものも少なくなく、気温が高くなってきた時期に使うと、水分や油分が多すぎることによる“ドロドロ肌”も招くリスクも否めません。

 

冬場に使っていたファンデーションでも、オールシーズン用であれば安心ですが、特に冬の保湿をうたっているファンデだと、40代の不安定な肌には、顕著に“テカリ”や“ドロドロ崩れ”を起こしてしまう可能性も。

 

「もったいない」精神で、オバ見えを招いてしまうのは残念だけに、お直しの際に、ちょっとでも「油分が多すぎるかも?」を感じたら、潔く春夏用にシフトを。

 

本格的な夏の前にも要注意!40代がオバ見えする初夏のメイク2:秋冬のブラウンリップ

直近の秋冬シーズンには、こっくりとした色合いのブラウン系リップがトレンドでした。

 

40代でも使いやすい色合い、かつ落ち着いた華やかさを演出してくれるので、当時は、シーンを選ばずに重宝していた女性も多いはず。

 

他方、口紅は、ワンシーズンでは使い切れないことも多く、気に入っている色であるほど、季節をまたいで使い続けたくもなりがちです。

 

けれど、ブラウン系のリップは初夏にはやや重い印象を与えがちであるとともに、暑い時期にこっくりとした口紅を合わせてしまうと、落ち着きすぎた印象や季節外れなイメージからの「オバサンっぽい」を招きやすいのも確かです。

 

夏本番を目前に控えた今は、ブラウンのダークな色みよりも、レッドやオレンジ、ピンクなどの明るい発色が無用なオバ見えを回避する術にも。

 

また、“夏のブラウン”も存在しますが、秋冬に比べてシャイニーな発色になるため、秋冬の口紅をそのまま使うのは、やはり避けたほうが無難です。

 

アイメイクは○○に変えましょう! 次ページ

本格的な夏の前にも要注意!40代がオバ見えする初夏のメイク3:ウォータープルーフではないアイメイク

気温が上がり始めたばかりの今時分は、コスメを完全なる夏仕様には、フルチェンジできていない人も少なくない時期。

 

冬の間は、汗をかきにくいことから、軽い使用感を求めてウォータープルーフではないアイラインやマスカラを愛用していた40代も少なくないと思います。

 

そして今の時期は「これを使い終えてから、夏用のウォータープルーフに変えよう」と、手もとにあるコスメを使い切りたくもなるのですが、真夏日も増えてきている今、目もとのメイク崩れは思っている以上にリスクが上がっているのも現実。

 

アイラインやマスカラがドロドロになった顔は、オバ見えを招くだけでなく、ズボラなイメージを植え付けてしまうこともあるだけに、断固としてオバ見えを防ぐならば、この時期からウォータープルーフにシフトさせておくほうが安心です。

 

季節の変わり目は、手もとにある化粧品を使い切っておきたい気持ちと、シーズンやトレンドに合わせた新しいコスメを取り入れたい欲が、併存しがちなタイミング。

 

しかし「もったいないから」を優先させてしまったがばかりに、不用意なオバ見えを招いていたら、残念です。

 

梅雨に入れば、また気温が低い日が訪れそうなだけに、この時期にはその日の気温に合わせてコスメを選ぶのが、オバ見え回避の術にもつながります。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録