アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

産後に骨盤体操は必要? 健康・美容の効果3つと注意事項

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

出産という大きな役割を果たした後は、想像以上に体もダメージを受けているもの。特に産後は、骨盤ケアが重要です。今回は骨盤ケアの効果や方法についてまとめてみました。

骨盤は体にとって重要な場所

486759820

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

骨盤は体の土台ともいえる、とても大切な場所。骨盤の歪みは、ダイレクトに全身に影響してしまいます。妊娠~出産によって、女性の骨盤は動きがあります。そのため、産後には骨盤の歪みが生じてしまうことも……。この歪みが、さまざまな体調不良の原因となっていることも少なくありません。

骨盤はなぜ重要?

骨盤は、背骨と大腿骨の間にある骨で、上半身と下半身を繋ぐ重要なポイントにあります。骨盤は寛骨、仙骨、尾骨という3つの骨でできています。この3つの骨の位置がズレてしまうと、“骨盤の歪み”となります。

骨盤が歪むと、全身にさまざまなトラブルが引き起こされます。左右の足の長さが変わってしまう、足のダルさ、肩こり、首のコリ、頭痛、便秘、生理痛、むくみ、冷え性……などなど、たくさんの不調を生んでしまうと考えられています。

産後の骨盤の状態はどうなっているの?

出産時は赤ちゃんが産道を通りやすいように骨盤が開きます。出産後はしばらくの間、骨盤が開いた状態になっています。骨盤は自然に戻る作用がありますが、体の調子などによっては骨盤のバランスが崩れたまま固定されてしまうことがあります。産後6ヶ月ほどで、自然に元の位置に戻る時期は終わり、骨盤は固定されていきます。

骨盤の中には、子宮や膀胱や直腸などの臓器が納まっています。骨盤にはこれらの臓器を守る働きもあります。骨盤が緩んでしまったために、これらの内臓が下がってしまうこともあります。その結果、新陳代謝が低下するなど、体にさまざまな悪影響を与えることとなります。

骨盤体操の3つの効果

544109036

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

骨盤体操とは、骨盤の周りの筋肉を鍛えることによって、骨盤を正しい位置に戻すためのものです。骨盤の位置が正されることにより、その中の内臓も元に位置に戻ります。産後の体調不良、とくに腰痛改善に効果があります。またダイエット効果も高く、産後の体型の戻りをサポートします。

骨盤体操は、教室に通って行うような専門的なものから、自宅で簡単にできるものまでいろいろとあります。産後は、赤ちゃんの世話などで外出が難しいという方も多いことでしょう。産後の骨盤体操専門の本なども出ていますので、まずは自宅でできる体操を試してみるのもよいかもしれませんね。

骨盤の歪み改善

骨盤の歪みは、背骨の歪みに繋がり、正しい姿勢を保つことができない原因となります。背筋を正すと、肩や首や腰回りから不要な緊張が取れて、全身がリラックスでき、リンパや血液の流れがよくなり、ホルモンバランスも改善されます。

腰痛の改善

産後、骨盤が開いた状態は、体の支えが不安定となっています。それを支えるために、腰周りの筋肉に負担がかかること、さらに骨盤の開きによって筋肉やじん帯がひっぱられることなどで、腰痛が起こりやすくなります。骨盤体操には、骨盤周りの筋力をアップすると同時に、筋肉をほぐす作用もあり、腰痛の改善に効果的です。ただし、ヘルニアなどの持病、ギックリ腰のような急性のケガがある際には、医療機関のアドバイスを受け、骨盤調整を行ってもいいか相談しましょう。

ダイエット効果も期待

骨盤の歪みを治すことでダイエット効果も期待できます。腰周りの筋肉を正しく、上手に使えるようになると、体のデトックス作用が高まり、脂肪が燃焼されるのです。特に、腹筋やわき腹といったウエスト周り、さらにヒップ、太ももの脂肪燃焼にも効果があります。ヒップは、開いていた骨盤の位置が正されることで、ヒップの位置自体も上がり引き締まります。骨盤の位置がズレることで太ももの付け根の骨も外側に張り出して、太ももが太く見える原因となります。骨盤の位置を正すことで、この骨も正しい位置に戻り、また太ももの脂肪も落ちやすくなります。

産後は体の回復を最優先とすべき時期ですので、食事を制限したりといった無理なダイエットは禁物です。骨盤体操で、自然なダイエットを心がけましょう。

骨盤体操の注意事項

157932294

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後直後はまだ骨盤体操に耐えられるだけの体力がありません。体力が戻ってから始めるのが基本です。産後直後に行ってもいいのは「産褥体操」。血行の促進やデトックスを心がけましょう。骨盤体操は、産後2~3ヶ月ほどから徐々に取り入れるようにしましょう。産後一ヶ月検診をして、充分に体力も戻ってから「どうしようかな?」と考えはじめるくらいでも遅くはありません。

また、一度にたくさん行うよりも、少しずつ毎日行うほうが効果的です。骨盤体操は、一日のうちで骨盤が開いている起床時に行うのが一番効果的。また、リラックスして体操できる、お風呂上がり、就寝前も適した時間です。妊娠中の10ヶ月間で歪んだ骨盤は一朝一夕では戻りません。結果を焦らずに、ゆっくりと正していきましょう。

生理中の時は控えよう

生理中も骨盤が開く時期ですが、これは出産によるものではなく、月経血を体外に出すための自然なものです。生理中は骨盤体操を控えましょう。

痛みなどがある場合は無理に行わない

もし強い痛みを感じるようであれば、体操をやめて医療機関に相談しましょう。また、腰痛など不調がある場合も、医療機関のアドバイスを受けましょう。

まとめ

骨盤の歪みは全身に影響してしまいます。とはいえ、「産後、早く元に戻さなきゃ!」と焦るのは禁物。早く戻すことよりも、正しい場所にきちんと戻ることのほうが大切です。焦らずに、気長にコツコツ取り組む気持ちで、骨盤調整の体操などを行うとよいでしょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年7月28日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録