アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

真夏の夜の特別公演!観世流による「納涼怪談能」開催


世界無形文化遺産にも登録されている「水戯庵」は、日本最古の芸能である「能楽」をはじめとする日本の伝統芸能が愉しめる空間で、日本を代表する寿司、お酒、甘味を五感で味わうことができる新感覚の劇場型レストラン&ラウンジ。8月14日(水)~16日(金)には、“女の情念”をコンセプトとした、「怪談能」が鑑賞できる特別講演が開催される。


今回の特別公演「怪談能」では、幽玄な能の世界が繰り広げる古から伝わる怪談の世界を、他では決してありえない距離、空間で体験できる。

演目名は「鉄輪(かなわ)」。新しい女の為に、自分の元を去った夫を怨み、夫と女を呪って丑の刻参りをする女。その顔はいつしか、鬼と化していく…。といった“女の怨”の恐怖を描いた演目だ。

背筋が寒くなるような迫力ある舞を、普段とは違う蝋燭の幻想的な空間演出のなかで楽しめる。


開場は17:30で、開演は19:00。料金は、大人一人につき5000円(税込)~。その後20:30以降は、ラウンジ&バースタイルの「百川ラウンジ」にスタイルチェンジ。ラウンジタイムも、怪談にまつわる演目で、妖艶な花魁の舞、特別演目「高尾懺悔」が楽しめる。


また期間限定で、特別カクテルも登場する。怖いけど見たい、見たいけど怖い…。怪しく、怖い、そしてどこか美しい怪談能を体感してみては?

■「水戯庵」
住所:東京都中央区日本橋室町2-5-10 B1F


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録