アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

知っておきたい!症状を話せない赤ちゃん・子どもの熱中症のサイン

目次

知っておきたい!症状を話せない赤ちゃん・子どもの熱中症のサイン

具合が悪くなっても自分の症状を詳しく話せない赤ちゃんや子どもたちのために、知っておきたい熱中症のサインをご紹介します◎ 暑い日の子どもの「疲れた」「眠い」などの訴えは、実は熱中症のサインかもしれないんです!

Q. 子どもが熱中症にかかりやすい理由は?

A. 地表の熱の影響を受けやすいから

子どもは背が低かったり、ベビーカーの利用などで地表の熱の影響を受けやすいんです。
大人が32度の熱を感じているとき、子どもたちは4度も高い36度もの暑さを感じています。

子どもは熱中症にかかっていても言葉でうまく伝えられずに「疲れた〜」などとぐずりはじめます。

熱中症の見分け方

乳児の場合

乳児の場合は、泣き声が少し弱々しくなったと感じたら要注意!

幼児・小学生の場合

幼児・小学生の場合は急に大人しくなったり、不機嫌になったら要注意!

「足がつる」のも熱中症の症状のひとつなので注意しましょう。

熱中症の応急処置

屋内の場合

屋内にいる場合は、涼しい場所で寝かせましょう。

屋外の場合

屋外にいる場合は、風が当たる日陰に移動しましょう。

体温を下げる

屋内の場合も屋外の場合も、服を緩めて首の横や脇の下、足の付け根などを冷やして体温を下げてください。
太い血管のあるところを冷やすと効果的です◎

熱中症の予防対策

暑い時間は避ける

余裕のあるスケジュールを組み、暑い時間帯の行動は避けるようにしましょう。

つばの広い帽子や涼しい素材の洋服を着用する

つばが広い帽子を着用したり、洋服は吸湿性や通気性のよい涼しい素材のものを選ぶようにしましょう。

水分、塩分、糖分補給を忘れずに

夏は汗をたくさんかくので、水分、塩分、糖分を定期的に補給しましょう!

症状が治らないときは、すぐに医療機関で診察を受けてくださいね。

今年の夏もとても暑いです!
外出先でもお子さまの体調を気にかけ、熱中症にならないように毎日楽しく過ごしましょう♪

監修:小児科医 藤原摩耶先生
出演 : 山本美智代さん sanaちゃん haruくん
ライター:あだちあやか


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録