ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】初産だと出産が遅れる? 初めての出産にまつわるうわさのウソ・ホント

目次

初めての妊娠・出産はすべてが初体験。だからこそ、いろいろなことを知っておきたいと調べたら……なんだか気になるうわさを見つけて不安になってしまうこともあるでしょう。そこで初産にまつわるうわさの真偽を解説します。

この記事の監修ドクター 浅野仁覚先生 アルテミスウィメンズホスピタル(東京都東久留米市)院長。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

「初産だと○○」うわさは本当?

942246518

Getty logo

同じ妊娠・出産であっても初めてと2回目以降では、同じこともあれば違うこともあります。 今回はそんな「初めての出産」にまつわるうわさについて、医学的根拠の下、真偽を解説します。

「初産だと出産は予定日より遅くなる!?」

465414184

Getty logo

☆ウソ

医学的には初めて妊娠・出産を迎える女性を初産婦、過去に妊娠・出産の経験がある女性を経産婦と呼び、区別をしています。それぞれ違いはありますが、お産の遅れは初産かどうかとは無関係。実際は出産予定日を誤って推定していたケースが多いのです。

妊娠週数の計算によると、出産予定日は妊娠40週0日で、その日を挟んだ妊娠37週0日~41週6日までの出産を正常なお産=正期産と呼びます。つまり、予定日から遅れたとしても約2週間までは正常なお産の範囲内なのです。

しかし妊娠42週0日以降も陣痛が起こらず、出産にいたらない場合は過期妊娠となり、これ以降の出産は過期産と呼ばれます。過期産になっても多くは通常のお産と同じように行います。けれども中には胎盤の機能が衰えたり、羊水が少なくなったり濁ったりするなどして、合併症を生じることがあり、注意が必要です。

日本では全出産のうち、2%未満[*1]が過期産にあたるといわれますが、その頻度は近年、減少傾向にあります。理由のひとつとして、妊娠初期に行われる経腟超音波検査の普及により、妊娠週数が正確に推定されるようになったことが挙げられます。これにより、本来は違うけれど便宜上、過期産に含まれていた「見かけ上の過期産」が少なくなり、全体の数が減少しているというわけです。

「初産だから出産はきっと予定日より遅くなるはず」という思い込みはせず、赤ちゃんと自身の体調に気を付けながら準備をしながら、その日を大切に待ちましょう。

「初産だとお産に時間がかかる!?」

465114180

Getty logo

☆ホント

初産婦は経産婦に比べて、産道の組織が硬い傾向にあります。そのため、分娩時間も長くなることが多いのです。

出産にかかる時間(陣痛の始まりから分娩まで)は、個人差があるものの、初産婦と経産婦とで以下のように異なるといわれています[*2]。 初産婦=11~15時間 経産婦=6~8時間

初産婦の場合、陣痛が始まって子宮口が開き始めるまでが、とくに時間がかかる傾向にあるようです(経産婦が5~6時間程度なのに対し、初産婦は10~12時間)。これは産道のうち、子宮頸部と呼ばれる部分が、初産婦ではなかなか柔らかくなりにくいからだと考えられます。

子宮頸部は妊娠中、赤ちゃんがお腹の外に出てしまわないように守る役割があるので、産道の中でもっとも硬く、赤ちゃんが通るときに抵抗の大きい部分です。お産の進行とともに柔らかくなり、最終的にはくちびる程度の柔らかさになるのですが、そうなるまでの時間が初産婦と経産婦とで異なるというわけです。

上記の時間はあくまで平均的なものであり個人差はありますが、目安のひとつとして参考にしてください。

「初産だと、つわりのひどい人が多い!?」

465155310

Getty logo

☆ホントかも

つわりは妊娠によって起こる不快感やだるさ、吐き気や嘔吐などの症状をいいます。個人差が大きいのですが、だいたい妊娠5~6週ごろから始まり、妊娠8~10週ごろにピーク を迎え、12週ごろから楽になり始めて 16週ごろには自然と症状がなくなることが多いです。

妊婦さんの50~80%がつわりを経験し、中でも初産婦に多いといわれています[*3]。 しかし、つわりの原因はいまだ不明です。妊娠に伴って起こるホルモンバランスの変化などが関与していると考えられているものの、詳しい原因はわかっていません。

また、つわりが重症化してなる妊娠悪阻(にんしんおそ)も初産婦に多いとされていますが、一方でそれが重症化するのは経産婦に多いともいわれています。

つわりや妊娠悪阻は初産の人に多いと言われている一方で、つわりの症状はもともと個人差が大きいこと、そもそもつわりの原因はまだ不明であることから考えると、「初産だと、つわりのひどい人が多い!?」は「ホントかも」というところです。

つわりの症状は個人差が大きく、人によって多彩な症状が現れます。食事が十分にとれない人は赤ちゃんへの影響が気になるかもしれませんが、妊娠初期の赤ちゃんはまだ小さく、基本的に母体に蓄えられている栄養で成長が可能です。ただし、長期間栄養が不足(特にビタミンB1)すると、お母さん側で中枢神経障害を起こすことがありますので、食事や水分が十分とれない状態が長引く場合は、かかりつけ医へ相談するようにしましょう。

まとめ

1131775847

Getty logo

初産は妊娠・出産のすべてが初体験。順調に出産を迎えられるのか、陣痛がきたらわかるのか、ちゃんと産めるのかといった心配や不安だらけだと思います。

けれども妊娠や出産の過程について学んだり、マイナートラブルへの対処方法を知ったりしておくと、心配や不安が少しは緩和されるのではないでしょうか。自分なりに調べてみるのはもちろん、わからないことは妊婦健診で質問や相談をしてみましょう。疑問や悩みはその都度解決し、赤ちゃんと一心同体の貴重な時間を、ゆったりした気持ちで過ごせると良いですね。

(文:山本尚恵/監修:浅野仁覚先生)

※画像はイメージです


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録