ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】「赤ちゃんは風邪をひかない」は本当? 赤ちゃんの免疫について

目次

生後6ヶ月まではママからもらった免疫があるので、赤ちゃんは風邪をひきにくいという話を聞いたことがある人もいるのでは。しかし本当に赤ちゃんは生後6ヶ月まで風邪をひかないのでしょうか。赤ちゃんの免疫について解説します。

この記事の監修ドクター 大越陽一先生 杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウイメンズホスピタル小児科勤務。小児科専門医

赤ちゃんは風邪をひかない?

1049923182

Getty logo

むしろ生まれてすぐは一番免疫力が弱いとき

「赤ちゃんは生まれるときにママから免疫(抗体)をもらっていて、それが生後6ヶ月くらいまで続くから、この時期は風邪をひかない」といわれることがあります。「生まれてすぐの赤ちゃんは免疫に守られているから丈夫」と聞くこともあるでしょう。

しかし、これは「赤ちゃんの体を守る仕組み=免疫」を総合的に考えると、かならずしも正しいとは言えません。むしろ、生まれてまもない時期は、赤ちゃんの免疫力がもっとも低いとも言えるときなのです。

「生まれてすぐの赤ちゃんは丈夫」とは言えない

たしかに赤ちゃんはへその緒を通じてママから免疫グロブリン(IgG)というたんぱく質をもらって生まれ、これは出生時にもっとも多く、生後6ヶ月ごろまで赤ちゃんに残っています[*1]。

この物質はいわゆる“抗体”というもので、体の中に侵入してきた病原体(ウイルスや細菌など)にある“抗原”と結合して、その動きを失わせたり、殺したり、異物を食べる食細胞に食べられやすい形にしてくれたりする働きがあります。このIgGは小さいので胎盤を通過することができ、お腹の中にいる間にママが作ったIgGが赤ちゃんに受け渡されます。そして、赤ちゃんが自分でこれを産生できるようになるまで、赤ちゃんの体を感染から守ってくれます。

けれども、免疫で働くのはIgGだけではありません。免疫グロブリンにはIgG以外にもIgMや母乳に含まれるIgAなどの種類がありますが、これらは普通、出生時の赤ちゃんには微量しか存在しません。また、免疫グロブリン以外にも、さきほど出てきた病源体を食べてくれる食細胞や、免疫グロブリンを作り出すリンパ球、病源体に取り付いて破壊してくれる補体なども、体を守るうえでとても重要な役割があります。ところが、新生児では大人に比べてその働きが弱かったり、病源体に対して素早く攻撃できなかったりします。つまり母親由来のIgGが多いという事以外にはまだ免疫機構は弱い状態だと考えなければいけません。

こうした事柄を含めて総合的に比較すると、実は生まれてすぐの免疫力が一番弱く、 生後6ヶ月を過ぎると少しよくなってはきますが、2歳くらいまではやはり低いと言われているのです。6歳ごろになると、だいぶ大人に近づきます [*2]。 早産だったり、胎児機能不全があったりする場合は免疫力がさらに低くなります。 「生まれてすぐの赤ちゃんは免疫に守られているから丈夫」とは言えないということです。

赤ちゃんが引きやすい「風邪」

体を守る免疫の仕組みは複雑で、病源体によってもその働き方は異なります。ママからもらった免疫(IgG)が中心となって感染を防いでくれる病気もあります。一方で、インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、RSウイルスなどが原因となった「風邪」は、母親由来のIgGでも防ぐことができず、新生児もかかることがあり、また重症化することがあります。

赤ちゃんの風邪を予防するには

927424104

Getty logo

必要な予防接種をかならず受ける

赤ちゃんの未熟な免疫力でも風邪を含む感染症にかかりにくくしたり、重症化しにくくしたりする助けになるのが予防接種です。小さな赤ちゃんを持つママやパパは、受けるべき予防接種(ワクチン)の多さにうんざりしたり、「こんなに小さな月齢から打つ必要があるの?」と感じたりするかもしれませんが、免疫力が未熟だからこそ、それを補う必要があるといえます。また両親をはじめとした周囲の家族が感染を予防する事も非常に大切なので、両親や兄弟・姉妹が適切に予防接種を受ける(受けている事を確認する)事も重要です。

とはいえ、生後6ヶ月までに受けておきたいワクチンは定期接種と任意接種を合わせて6種類、接種回数は15回以上あり、このスケジュールを管理するのは大変です。 日本小児科学会のWebサイトには、早く確実に必要な免疫をつけるために推奨される接種スケジュールが提案されています。また、「NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会」のWebサイトにも、わかりやすくまとめられています。必要に応じて利用してみてはいかがでしょう。

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule_hogosya.pdf

「ワクチンデビューは生後2ヵ月の誕生日」KNOW・VPD!予防接種スケジュール http://www.know-vpd.jp/children/vc_0age.htm

普段は生活習慣を整える&手洗い・うがいなどを忘れずに

風邪の予防には普段から体調を整えておくことも大切です。生後3~4ヶ月までの赤ちゃんは周囲の明るさとは無関係に寝たり起きたりを繰り返します が、それ以降は徐々に明るさの影響を受けるようになります。毎日だいたい同じ時間には部屋を暗くするなどして体内時計を整え、体調管理をしていきましょう。

また、感染症の多くは飛沫感染や接触感染であるため、赤ちゃんに接触する大人が手洗いやうがいを行えば、風邪などの感染症にかかるリスクを減らすことができます。室内を加湿したり、換気したりすることも感染症対策としては有効です。こまめな手洗い、うがい、そして加湿や換気を忘れず行いましょう。

赤ちゃんが風邪をひいてしまったら

1033557364

Getty logo

ひとくちに「風邪」といっても、その主な原因ウイルスには、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなど、さまざまな種類があります。またウイルス以外では細菌、肺炎マイコプラズマなどの特殊な病原体も、風邪を引き起こす原因となります。

上記のうち、赤ちゃんにとって、とくに注意が必要なのがRSウイルスです。過去にはおもに冬場に流行するウイルスでしたが、最近は地域にもよりますが流行時期が早くなっており、夏場から流行が始まる事が多くなっています。発熱、鼻水、せきなどの症状が現われます。そのうち20~30%が細気管支炎や肺炎などを発症し、乳幼児における肺炎の約50%、細気管支炎の50~90%がRSウイルス感染症によるとされています。新生児や生後3ヶ月未満の赤ちゃんでも感染することがあり、要注意です[*4]。

赤ちゃんが感染した場合、発熱、鼻水、せきなどの一般的な風邪の症状だけで済むこともありますが、細気管支炎や肺炎になると咳がひどくなったり、ゼイゼイして呼吸困難になり哺乳力が落ちたりなどの症状が出る事があり、場合によっては入院が必要になる事もあります。

こんなときは救急受診!

「体調の変化に注意」と言われても、赤ちゃんの場合、どうなると危険なのかがわかりにくいこともあるでしょう。

日本小児科学会では、あてはまる症状の項目にチェックを入れ「結果をみる」ボタンを押すと、症状の緊急性によって救急車を呼ぶかどうかなどをアドバイスしてくれる「こどもの救急」というwebサイトを公開しています。

日本小児科学会こどもの救急http://kodomo-qq.jp/

赤ちゃんの風邪でよくある症状では、「38度以上の発熱」「けいれん・ふるえ」「せき・ゼェゼェする」「泣き止まない」「「意識がおかしい」「おしっこが出ない」という項目が用意されています。迷ったときは参考にするとよいでしょう。

また、小児科の医師や看護師から、子供の症状に応じた対処方法などのアドバイスを受けることができる、小児救急電話相談「♯8000」もあります。全国同一の短縮番号♯8000に電話すると、その都道府県の窓口に自動転送され、相談することができるので、判断が難しい場合は、電話してみましょう。

小児救急電話相談♯8000

赤ちゃんは感染症の”お勉強中”

赤ちゃんは風邪をひかずに大きくなることはできません。でも風邪や感染症にかかるたび、少しずつ免疫を獲得して、丈夫になっていっています。いわば感染症の「勉強中」の身です。あまり心配しすぎないようにしましょう。 とはいえ、「心配しすぎない=病院に行かなくてもよい」ということではありません。まだまだ免疫力の弱い赤ちゃんの体。いつもと様子が違う場合は放っておかずに、症状によって、救急、時間外診療所、診察時間内の小児科を上手に使い分け、事前連絡のうえ受診するようにしましょう。

まとめ

「生後6ヶ月間は風邪をひかないから大丈夫」と思い込まず、赤ちゃんの日々の様子や体調にはよく注意しておきましょう。そうすれば「今日はどこか様子がおかしい」と思ったとき、早めに対処することができます。赤ちゃんは成長とともに丈夫になっていくものですが、心配なときは適切に小児科を受診するようにしましょう。

(文:山本尚恵/監修:大越陽一先生)

※画像はイメージです


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録