読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

いま注目の保護犬カフェに行ってみました![体験レポ]

このコラムにありがとう

友だち追加 新着記事をお知らせします!

近ごろ世の中は猫ブーム。TVや雑誌でも猫特集が組まれたり、愛猫家に向けたグッズが発売されたり……私同様、猫より犬派という皆さんは、少し寂しい思いをしているのではないでしょうか?

そんな人にぜひチェックして欲しいのが『リンネル』11月号に掲載中の特集「WE LOVE DOGS 犬との毎日」。世界で出合った犬やリンネル読者の愛犬、保護犬についてご紹介しています。

詳しくは『リンネル』2017年11月号に掲載

特集内では、日本初となる保護犬カフェにも潜入!

この聞きなれない保護犬カフェという場所は、一体どんな所なの?NPO法人LoveFive代表・吉井純也さんによると保健所に収容されたり、一般家庭から飼育放棄されたり、また病気があるために販売不可とされた犬猫を預かっているカフェなんだそう。
そんな保護犬カフェをオープンさせた理由は、ずばり、室内で人と保護犬が触れ合える場所をつくりたかったから。これまでも保護犬を飼いたい人に向けて屋外での譲渡会を開催してきたものの、天候に左右されてしまうことが悩みでした。 

そこで、毎日、保護犬と気軽に触れ合える場所として誕生したのがこちらの「HOGOKEN CAFE 西八王子店」。

足を運んだのは人気ブランド「Samansa Mos2」プレスの阿部歩美さんです。


「HOGOKEN CAFE 西八王子店」で合えるのは、トイプードルやチワワなど人気の犬と猫、約15匹。時間無制限で触れ合うなかで、気に入った子は家族に迎えることもできます(来店2回目以降)。

「実際に飼育する、家で過ごしているような環境で触れ合うことで、引き取ったあとのことを想像しやすいと思います」と代表の吉井さん。

ちなみに、お店にいる子はおむつを着用。万が一の粗相で服を汚してしまう心配もなし。

 

お店の保護犬ともっと仲良くなりたいなら、おやつの盛り合わせ(630円[税込])やまぐろのボイル(650円[税込])といった犬用フードの注文がオススメです。

「かまってかまってという感じで動くのが、すごくかわいいです。名前を覚えると、情も湧きますね」と阿部さんもお店の子たちにすっかり癒やされた様子。

すぐに飼うことが難しくても、カフェの売り上げはすべて保護活動費に。ただ犬と触れ合って、癒されるだけでも、行く価値が充分ありますよ。

保護犬カフェは西八王子店以外にも、関西で6店舗(鶴橋店、寺田町店、天神橋店、堺店、京橋店(猫)、長居店)が営業。関東は千葉県の印西店、西八王子店。ほかにフランチャイズで2店舗を展開しています。
犬を飼おうと思っている人はもちろん、犬と触れ合いたい愛犬家さんも出かけてみてはいかがですか?

HOGOKEN CAFE 西八王子店 
関西を中心に10店舗展開する、保護犬メインのカフェ。1ドリンク制、フリータイムで保護犬と触れ合える。

TEL : 042-669-0715
住所 : 東京都八王子市千人町3-6-10
営業時間 : 11:00~19:00 年中無休
http://www.hogokencafe.com

photograph :Miho Kakuta 
text :Mayumi Akagi, Takarajima-online
cooperation : Samansa Mos2

 

※誌面画像の無断転載はご遠慮ください
※文中で紹介した「HOGOKEN CAFE 西八王子店」の営業時間などは取材時の情報になります。最新情報は公式サイトでご確認ください


↑『リンネル』11月号は特別付録「リサ・ラーソン 大型ボストンバッグ&便利ポシェット 2個セット」付きです

©LISA LARSON

『リンネル』最新号のお知らせ

 


関連記事


情報提供元:宝島オンライン

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年10月11日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録