アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

時代に流されない「ワンカラーネイル」のバリエーション

目次

仕事上の制約がある方はもちろん、そうでない方の間でも高い人気を誇っている、ワンカラーネイル。一色で統一されたシンプルなネイルデザインは、とても上品で素敵ですよね。ワンカラーネイルは日々進化していますので、今回は、今シーズンおすすめのワンカラーネイルのデザインをご紹介します。

今年のトレンドは美指ワンカラーネイル

 (552601)

ワンカラーネイルをつくるとき、最初に悩むのはやはり、「どの色をつかうのか」という点でしょう。ネイルアートの仕上がりはベースにどの色を使うのかによって大きく左右されますので、1色しか使わないワンカラーネイルにおいて、色のセレクトはとても重要な意味を持ちます。

ひとくちにワンカラーネイルといっても様々なバリエーションがありますが、まずおすすめしたいのが、爪はもちろん指全体を綺麗にみせる美指カラーを使ったデザインです。
セレクトするのは、ややピンク味がかったオレンジや微細ラメ・パールが入ったスキンカラー、ブラウン、ピンクベージュで、これらの色には、肌色を綺麗に見せる効果が期待できます。

ただカラーリングするだけでも綺麗ですし、少し物足りない場合は、マット加工を施してもいいでしょう。

 (552603)

ブリオンやワイヤーを使ったワンカラーネイル

 (552605)

ワンカラーネイルには、ポイントアートをプラスしてみるのもおすすめです。
とはいえ派手なパーツやパールを使ってしまうとせっかくのシンプルデザインが派手になってしまいますので、ブリオンやメタルスタッズ、針金といった光沢感をやや抑えた感じのパーツを使うといいでしょう。

カラーリングをした後に好きな部分にブリオンを1~2粒程度あしらったり、爪の根元部分にブリオンやスタッズをあしらったり、針金を丸めて爪の上に乗せたり…。
工夫次第でいろいろなデザインを楽しめます。

 (552609)

【番外編】同系色でまとめたシンプルネイルもおすすめ

 (552608)

最後にご紹介するのは、「同系色ネイル」です。

これは厳密に言うとワンカラーネイルではないのですが、濃いピンク~薄いピンク、ブラック・グレー・ホワイト、濃いイエロー~クリームイエロー、といった感じで、同系色をトーン違いで指ごとに塗り分けます。

親指から小指にかけてグラデーションになるように使う色をセレクトしたり、好きな指1本だけにポイントアートを施したり…。
同系色で統一しつつ複数の色を使うことができると、デザインの幅もかなり広がるかと思います。



Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録