アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

男性がガッカリ!「彼女にして欲しくないNGヘアスタイル」3例

目次

横顔の印象が、男性ウケを大きく左右する実態は、以前のコラム『こんな見た目はサイアクです! 男が幻滅した40代女性の「横顔」3例』でもご紹介したとおり。

そして、メイクの出来栄え以外にも、ヘアスタイルのちょっとしたアレコレが原因で「うわー」と幻滅を招いている場合もあるから、ヘアスタイリングにおいても、“横からの印象”は気にしておくに越したことはありません。

では、男性たちがサイドから見て「うーん」と感じたという、40代女性の髪型って……?

時短美容家であり魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性ウケがサイアクな40代女性の髪型に迫ります。

 

男性目線で「横から見るとイマイチ」な40代女性のヘア1:やたら頭頂部がもっこり

「前から見ると普通でも、横から見たときに、やたら頭頂部がもっこりしている髪型は、中年女性がすると派手すぎて苦手ってのもありますけど、さりげなく薄毛隠し?って思っちゃう。

気合い入れてるんだろうなーっていうのは理解しますが、自然じゃないし、なんとも言えないプロっぽさみたいなのも感じる。

パーティーなどの華やかな場ならいいけど、彼女がデートとか普通の日にしてきたら、ちょっと恥ずかしいです」(45歳男性/専門職)

逆毛を立てたり“アンコ(すき毛)”を入れたりして、後頭部にボリュームを出すヘアは、少し前に爆発的に流行ったあと、今となっては定番になっている実態も。

40代になって「少し寂しいかな」と感じる後頭部をフォローするにも便利なスタイルですが、華やかな印象が強すぎると、男ウケは下がる傾向も否めません。

デイリーアレンジで取り入れるなら、“もっこり”させすぎないのも、幻滅を防ぐコツに。

 

 

男性目線で「横から見るとイマイチ」な40代女性のヘア2:後れ毛だらけ

「最近は、きっちりと髪をまとめた女性よりも、ふわっとしたルーズなまとめ方をしている女性が多いじゃないですか?

それで、横から見たときに、後れ毛って言うのかな、結ばずにダラーンと垂れている髪の毛がやけに目立つ髪型は、わざとなのか崩れちゃっているのかわからないから、礼儀で褒めるにしても迷いますね(笑)。

今の彼女が41歳なんですけど、後れ毛のせいで普段より老けて見えることもあるし、個人的にはあまり好きではない。って言うか、むしろイマイチだなって感じます。

女性が髪を結ぶときには、うなじがきちんと見えていて、きっちりとしたまとめかたのほうがセクシーだと思っているので、だらしない印象の髪型は、流行りだとしても彼女がしているのはあまり好きじゃないです」(44歳男性/経営)

あえて後れ毛を出すスタイリングは、ここ数年、リアルにトレンド。女性目線だと、その脱力感が「かわいい!」になるものの、男性にはその“良さ”が伝わらない典型でもありますよね。

また、後れ毛のせいで不要な生活感が出がちなのも、40代には“あるある”。

サイドから見たときに「後れ毛だらけ」な印象になれば、せっかくのスタイリングも“残念のもと”。男ウケを意識するなら、避けたほうが無難でもあるのかも。

 

 

男性目線で「横から見るとイマイチ」な40代女性のヘア3:本人が気づいていない様子の白髪

「同棲中の彼女は、一般的には美意識が高いタイプだと思っているんですけど、40歳を過ぎてからは、やっぱり白髪が目立つようになってきましたね。

“まだ全体を染めるほどじゃないから”って、家で簡単な毛染めをしているみたいだけれど、髪型によって、横に白髪の束が出ている日もあって、密かに『あっ。残念』って思って見ています(苦笑)。

まぁ、いちいち指摘するのもかわいそうだし、歳のせいだからお互い様で仕方ないのかな〜とも思いますが、僕みたいな恋人ならまだ良くても、仕事の場で会う男性ウケは良くないでしょうね」(44歳男性/SE)

白髪の波は、40代女性にも容赦なく押し寄せてくるもの。自分でも気づかないうちに、想定外に白髪が増えていた! なんてケースも珍しくありません。

日頃から美しく髪を整えている女性が髪型を変えたときに白髪が目立つほど、男性目線だと「残念!」にもつながりがちかも。外出前のサイドの白髪チェックや、白髪用マスカラなどを使った部分的なフォロー術は徹底して損はありません。

 

正面からの印象が良くとも、ひとたびサイドに目を向けたら「がっかり」なんて展開は、恋愛シーンにおいては、好感度もだだ下がり。

男性の目は、想像以上にシビアな実情もあります。“横から見られている自分”も、デートの日には特に意識してこそ、モテが極められそうです。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録