アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「そうぜつ」ではありません!「凄絶」の読み方、知っていますか?

本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

日常生活において、読めそうで読めない漢字に遭遇したことがある人は少なくないのではないでしょうか。本記事で紹介する漢字はどこかで見たことあるような漢字ですが、1文字違いの単語と読み間違いしやすいので要注意です。

「凄絶」の読み方、知っていますか?

「凄絶」を「そうぜつ」と読んでしまった人、惜しいです!

「そうぜつ」は「凄絶」とは1文字違いで「壮絶」と書きます。では「凄」は一体なんと読むのでしょうか。

正解はこちらです!

「せいぜつ」です。

「凄絶」は、

非常にすさまじいこと。また、そのさま。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を表します。

「凄=せい」がつく漢字は他にもあります。

  • 凄惨 せいさん
    →目をそむけたくなるほどいたましいこと。ひどくむごたらしいこと。また、そのさま
  • 凄愴 せいそう
    →悲しみいたむこと。また、非常にいたましいさま。

を意味します。

「凄惨」は「惨(さん)」から「ずさん」と読んでしまう人もいるかもしれません。

ですが、「杜撰(ずさん)」は「物事がいいかげんで、誤りが多いこと。また、そのさま」を表します。意味がだいぶ違うものになってしまうので読み間違えないよう注意してください。

訓読みでは「すごい(表用外)」と読むこともできる「凄」ですが、漢字そのものがもつ意味を見ると

①すさまじい。ぞっとする。
②すごい。程度がはなはだしい。
③さむい。ものさびしい。

引用元:凄|漢字一字|漢字ペディア

とあり、「非常に良い」などの表現で日常的に使われている「すごい」とは違った印象があります

辞書に掲載されている「凄い」の意味も

1 ぞっとするほど恐ろしい。非常に気味が悪い。
2 びっくりするほど程度がはなはだしい。並外れている。大層な。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

とあるので、「凄」の読み方と意味をセットで覚えておくと、読み間違いや意味の捉え違いが起きにくいのではないでしょうか。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録