アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

実はイタい?身の丈に合わない「ポジティブ思考」をやめるべき3つの理由

目次

オトナサローネの読者のみなさん、こんにちは。「予防医療」のスペシャリストで、医師の桐村里紗です。

この連載では、人生100年時代の折り返し地点、50歳になる前にやめたい悪習慣についてお伝えしていきます。

平成の時代に良しとされた「ポジティブ思考」。でも、実は、無理なポジティブ思考は、「イタく」見られてしまう上に、カラダにも悪いってご存知ですか?

 

【ネオヘルスケアドクターLISAの「50歳になる前にやめる100のこと」#11

 

「ポジティブは良い、ネガティブはダメ」は古い

ポジティブな性格の人って、誰もが憧れますね。


その人がいるだけで、場が明るくなります。


人生には行き詰まるシーンもありますが、ストレスフルな辛い状況でも、ポジティブに考えて行動できると、立ち直りが早く、上手く物事が運びやすいような気がします。

 

友達にするなら、同僚として働くなら、ネガティブ思考の人よりも、ポジティブ思考の方が好まれやすいことは間違いありませんし、「あなたって、ネガティブね」と言われたら、まるで「ダメ」のレッテルを貼られているように感じてしまいがちです。

 

このように、平成の時代は「ポジティブ思考」であることが絶対的に良いと考えられてきました。

 

そのため、「ネガティブな思考や感情は、良くないもの」だから、「ネガティブに考えてはいけない」「ネガティブな感情を持ってはいけない」と思いがちになってしまっていたのではないでしょうか。

 

ポジティブ思考の悪い面

 でも、実は、ポジティブ思考の良い面だけでなく、悪い面も分かってきました。

 

リスクの読みが甘く大失敗する可能性

何でもかんでもポジティブに考えると、慎重に計画を立てなければならないシーンで、読みが甘くなります。

 

「まぁ、大丈夫でしょ」「オッケーオッケー!」

 

と現実を見ずに判断することで、無計画に散財してしまったり、怪しい話に引っかかったり、仕事で大失敗してしまうこともあります。

 

その点、ネガティブなタイプの方が、現実から将来を慎重に検討できるので、危ない橋をむやみに渡らず、撤退する勇気を持っているとも言えます。

 

反省がなく成長しない

失敗しても、その自分を楽観視してしまったり、自分の都合の悪いことに耳を塞いでしまうと、欠点をそのまま放置してしまうことになります。これでは、成長できず、常に同じ失敗を繰り返すことになり兼ねません。

 

その点、ネガティブなタイプは、失敗や欠点をストレートに受け止めて脳内反省会を繰り返します。ですから、次に活かすことができます。

 

ネガティブな感情の蓄積はストレスに

人の感情には、喜怒哀楽。本来、全てがあるものです。

 

素直に表現され、表にアウトプットすることが健康的ですが、「ネガティブな感情は出さない方が良い」と押し殺してしまうと気づかないストレスになります。

 

ストレスがかかると、人は無意識に筋肉を緊張させるので、全身の血流が悪くなります。

 

肩こりや疲れやすさ、冷え、胃腸などの機能低下、更にはウツなどの心のアンバランスの原因にもなってしまいます。

 

表情筋も緊張するので、笑顔も引きつり、「イタい」感じにも見えてしまうので、要注意です。

 

「無理してる感」が表情や雰囲気から溢れていることを、周囲の人は敏感に感じ取るものです。

 

ネガティブな感情は湧いて当然

人間として、ネガティブな感情は、湧いて当然。

 

ネガティブな感情がまだ出し切れていないのに、無理に蓋をしてポジティブにしようとすることは、実に不自然で不健康です。

 

悲しい出来事があった時、ようやく泣くことができたら、体も緩んで楽になった経験があると思います。


ネガティブな感情が湧いたら、味わい尽くし、出し尽くし、空っぽにしましょう。

 

罵詈雑言シャウトもあり

「ばか!」「アホ!」「この、なすび野郎!」など罵詈雑言をシャウトするのも大ありです。

 

とにかく、一切の感情を全て絞り尽くすくらいのつもりでいきましょう。

 

すると、ようやくすっかり気が晴れて、終了。

 

「さあ、次に行こう!」と、自然にポジティブに転換します。

 

これこそが、無理のない健康的な「ポジティブ」の在り方です。

 

 

引きつった表情筋もようやく緩んで、心からの笑うことができるようにもなります。

 

令和式は、ポジティブもネガティブも、両方使いこなせる「バランス思考」で無理なくいきましょう。

 

【ネオヘルスケアドクターLISAの「50歳になる前にやめる100のこと」、週1回、土曜の夕方に配信!】

文/内科医・認定産業医 桐村里紗

tenrai代表取締役医師。1980年岡山県生まれ。2004年愛媛大学医学部医学科卒。内科医・認定産業医。治療よりも予防を重視し、最新の分子整合栄養医学や生命科学、常在細菌学、意識科学、物理学などをもとに、執筆、webメディア、講演活動などで、新しい時代のライフスタイルとヘルスケア情報を発信。著書『日本人はなぜ臭いと言われるのか 体臭と口臭の科学』(光文社新書)ほか。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録