アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

いい年して安っぽすぎる!男が「貧乏くさい」と感じた40代女性のメイク

目次

メイクの仕上がりによって、その人が醸し出すイメージをも左右するパターンもありがち。それだけに、40代のメイクでは狙いどおりのイメージが出せる仕上がりを目指すのも、モテには欠かせない秘訣に。

他方、せっかくメイクした顔が「なんだか貧乏くさいなぁ」につながっている場合もあるので、モテを狙うならば、このあたりも心得ておきたいところです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とし時短美容家である私、並木まきが、男性たちが40代女性に対して「貧乏くさい」と感じたメイクの特徴に迫ります。

 

うっかり「貧乏くさい女」!? 40代がモテを逃しがちなメイク1:ピンクが強い口紅

「俺、中年女性の“どピンク”の口紅が苦手です。貧相な印象しかないので、ぶっちゃけ貧乏くさいと思って見ています」(42歳男性)

「新年会などの張り切った場面にどぎついピンクの口紅をつけてくる40代女性がいて、正直、内心では『違うよな』って思って見ています。男の前だと、ちょっとぶりっ子キャラになる女性だから、安売りしている感じが、余計に貧乏くさく見えるのかも」(41歳男性)

ピンクの口紅は、春メイクにおける定番カラー。しかし、発色が強すぎたりピンクの印象が強すぎたりすると、やや子供っぽく見えがちなのも否めません。やりすぎ感のあるメイクは、男性目線だと「貧相」なイメージにもつながりやすいので、モテを狙いたいシーンでこそ用法を誤りたくないカラーです。

 

 

うっかり「貧乏くさい女」!? 40代がモテを逃しがちなメイク2:顔がテカテカすぎるハイライトorツヤ肌

「お酒の席ならある程度は仕方ないと思うんですが、真っ昼間の打ち合わせでやたら顔がテカっているメイクの40代は、貧乏くさい感じがする! 大人だし、きちんとメイク直ししてよ……って思います」(44歳男性)

「最近、彼女の顔がテカテカしすぎている気がしたので、さりげなく聞いてみたんですよ。すると、顔の凹凸を強調するためにメイクを少し変えたとの返事が。僕にはその良さがわからず、テカっているようにしか見えないし、生活感が強い気がして、どことなく貧乏くさく見えるのが気になっています」(43歳男性)

コントゥアリングメイクの流れから、ぼやけがちな顔を引き締めるテクとして、デイリーにハイライトを使う40代女性も増えています。また、ツヤ肌の方が健康的に見えやすい背景から、意識的にツヤを強めた仕上がりを好んでいる40代女性も。

しかし男性目線だと、こういったメイクには「年齢なりの劣化?」「生活感?」な印象を与えやすいのも実情。ツヤ感の強い肌よりも、セミマット肌のほうが清潔感があると考えている男性も少なくありません。

 

 

うっかり「貧乏くさい女」!? 40代がモテを逃しがちなメイク3:まつ毛が乱れている

「僕、女性のまつ毛にはこだわりがあって、マスカラがぐちゃぐちゃになっているまつ毛の女性は、貧乏くさい感じがして苦手なんです。いろんなことに雑な性格が出ているように見えて、生活が乱れているイメージですね」(43歳男性)

「まつ毛が不潔な女性は、貧乏くさい! マスカラが変に固まっていたりまつ毛が不自然にヨレていたりすると、残念だなぁって思うし、安い化粧品を使っている印象を受けます。40代なら、きちんとした化粧品を使ってほしい」(45歳男性)

商談でも目を見て会話をするなどの背景から、女性の“まつ毛”には、思っている以上に男性の視線が向いているのも傾向。そこで残念な印象を与えてしまうと、「チープ」などのネガティブなイメージが加速するのも事実なのです。

 

実際の収入の多少にかかわらず「貧乏くさい」のイメージは、40代女性にとっては不名誉な印象。男性目線で厳しいジャッジメントがくだされるポイントだけでも、チープ感を払拭することが、モテメイクの鉄則にもつながります。

お心当たりがあったかたは、よろしければ気をつけてみてください。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録