アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

今すぐやめて! パンツコーデが「オバ見え」するNGポイント・OKポイント

目次

今冬は前シーズン以上にリラクシングムード漂うゆったりシルエットが主流ですよね。その影響を受けてニットパンツの人気もうなぎ登り!ですが、ニットパンツって着こなしに難しさを感じませんか?ニットの厚み、立体感が生まれにくいシルエット……着こなしを間違えるとオシャレどころか太って見える可能性も大きいです。そこで今回は、ニットパンツコーデのNGポイントとオシャレに決まるポイントをご紹介いたします。

骨盤・お尻・太ももラインは大丈夫?

ニットパンツの難しいところは、下半身のボディラインが目立ってしまうだけでなくトップスやアウターの組み合わせによって想定以上に大きく見えてしまうところがあります。通常のパンツなら下半身を華奢見せさたい時はオーバーサイズニットを合わせるものですが、ニットパンツはオーバーサイズニットを合わせてもメリハリが生まれずに余計に着ぶくれして見える可能性も……。

またショート丈のトップスと組み合わせてしまうと、骨盤・お尻・太もものラインがモロに見えてしまい少し生々しい印象に。背が高い方や足がやや細めの方であればそれでもスッキリ着こなせるかもしれませんが、足に自信がない限りどうにも野暮ったく見えてしまうのでトップスの丈は長めにセットしたほうがベターです。

Aラインコーデなら、ほぼ間違いなし

ニットパンツはトップスとボトムが完全にセパレートしたような着こなしにはあまり向きません。どちらかといえばワンピースのインナーボトムとして活用したり、長い丈のトップスと組み合わせたりするほうが下半身が太って見えるのを防ぎます。

鉄板でよく見かける組み合わせはスリット入りニットワンピにニットパンツを合わせるスタイルですが、やや量産されたコーデという印象があるので変化球を出したい時は同じテイストのAラインコーデでまとめてみてはいかがでしょうか。

例えば、ロングのリブニットにニットパンツを合わせ、ベルトでウエストマークをするスタイル。もしくはコーデュロイのシャツワンピにニットパンツを組み合わせたスタイルなど。似たような着こなしでも合わせる服の素材やデザインを変えれば見た目の印象もガラリと変化しますのでぜひお試しを!

ニットパンツ選びにも注意を!

れからニットパンツを購入予定の方は、以下のポイントに注意してアイテムを選びましょう。

・腰まわりの肉感は拾っていないこと
・ワイドパンツシルエットであること
・アンクル丈であること
・ニットのテクスチャが滑らかな触り心地であること

上記のポイントがクリアされるニットパンツだと素材やシルエットが原因による着太りを起こしにくいのでチェックをお忘れなく。ちなみにですが私は昨年GUのニットワイドパンツを購入したのですが、かなりスタイリッシュで着太りもほとんどしませんでした。なのでファストファッションブランドならGUでニットパンツを手に入れるのがおすすめかなと思います。お店で見かけた際は試着してみてくださいね。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録