アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お客さんに優しくなった博多のラーメン屋さん「博多元気一杯!!」は今もウマいのか確かめてみた

スマホやカメラでの撮影禁止、スマホ操作禁止、読書禁止、ラーメンが出る前の高菜つまみ食い禁止、ラーメンに最初から高菜を入れる行為も禁止。複数の禁止事項があるといわれていたラーメン屋「博多元気一杯!!」(福岡県福岡市博多区下呉服町4-31-1)。しかし昨今は、それらのルールが撤廃され、お客さんに優しくなったという。

かつては、ルールを破る客に怒りをぶつけて追い返す荒業で有名になることが多々あったが……。どうして優しくなったのか、その点は不明である。

客としては緊張せずに美味しいラーメンが食べられるのは嬉しい限りだが、客に優しくなったことで、店主に心境の変化が生まれ、味が変化しているのではないだろうか。たとえ客に優しくなったとしても、味が変わってしまったなら悲しい。厳しくてもいいから、今までと同様の美味しいラーメンが食べたい。そんな不安があったため、10年ぶりぐらいに実際に食べに行ってみた。

おみせにやってくると、店頭に青いバケツがぶらさがっていた。このバケツがあると営業中なのだ。さっそく店内に入ると、元気な店主とバイトらしき女性店員さんが出迎えてくれた。注文したのはラーメン。接客を担当してくれた女性店員さんは非常に明るくて礼儀正しく、心が和む。

さっそくやってきたラーメンは、スープが濃厚でトロトロ状態。漂う薫りは食欲をそそらせるものの、ほとんど臭くない。というかまったく臭くない。いや、立ち昇る薫りを臭いと思うか、ウマそうだと思うかは人それぞれだから、薫りに関しては断言しないでおこう。

レンゲでスープをすすると……、うめえ! これは10年前に感じた感動とおなしだ。もしかすると多少は味が変化しているかもしれないが、10年前にウケた衝撃と同じウェーブを味覚で感じる! 優しく、柔らかく、そしてまったりトロトロ。そんな濃厚スープを麺に纏わせれば、この店でしか体験できないラーメンの味が味覚を包む。

この店、客に優しくなったが、ラーメンに対する熱意は何ひとつレベルダウンしていなかった。厳しい接客が話題になったラーメン屋だが、いまはとても優しいので、怖くて行けなかった人は試しに食べてみてはいかがだろうか。

もっと詳しく読む: お客さんに優しくなった博多のラーメン屋さん「博多元気一杯!!」は今もウマいのか確かめてみた(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2020/02/26/hakata-genki-ippai-ramen/

博多元気一杯!! 住所: 福岡県福岡市博多区下呉服町4-31-1 時間: 11:00~22:00 土日祝11:00~20:00 休日: 不定休(要確認)


/

この記事の著者

東京メインディッシュ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録