アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「絶対やめて!」男が”彼女にしてほしくない”2020年春メイク

目次

そろそろコスメの衣替えも本格化。春仕様のメイクに、シフトしている人も増えてきた頃合いです。今季は、カラフルなコスメも当たり年で、40代でもカラーメイクを楽しみやすいのが、ひとつの特長でしょう。

ところが、ワクワクの春メイクでも、男性目線だと非モテに映っているものもある様子。

そこで時短美容家の私、並木まきが、男性たちが清潔感に欠けると感じた、40代の春メイクに迫ります。

 

トレンド最前線のつもりで男ウケだだ下がりな春の40代メイク1:発色の強いカラーマスカラ

今季はカラーマスカラも多数揃っていて、バーガンディーなどの暖色からネイビー、パープルなどのミステリアスな色みまで自在に選べますよね。

ブラックやブラウンの定番まつ毛と異なり、まつ毛に色があるだけでトレンド感が出て、今っぽいメイクになるのも確かです。

ところが男性からは不評のケースもあり「お化けみたい」(38歳男性)、「ケバいとしか言えない」(41歳男性)などの辛辣な感想もチラホラ。

男ウケを狙いたいシーンでは、トレンドまつ毛より定番まつ毛のほうが確実と言えそうです。

 

トレンド最前線のつもりで男ウケだだ下がりな春の40代メイク2:ネイビーのアイシャドウ

今季は、スモーキーな発色で深みのあるネイビーのアイシャドウも人気。塗ってみると、思ったよりも派手になりにくいので、オフィスメイクに取り入れている40代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところが、このネイビーアイシャドウ、女性からのウケはよくとも男性目線だと「ん?」となりやすいのも確かな様子。

「40代のオバサンのブルーの目元は、どう見てもバブル感。古臭い!」(51歳男性)、「彼女が濃いブルーのアイシャドウをデートにしてきて、いつもより妙に老けたように感じた」(43歳男性)など、40代という年代のせいで不名誉な印象を抱かれやすいのです。

でもトレンドだけに使わないのは、なんだか悔しい。そんなふうに感じるならば、ブラウンとの組み合わせで、ネイビーは目尻の締め色に使うなど、塗り方でバブルっぽさを払拭してみて。

 

 

トレンド最前線のつもりで男ウケだだ下がりな春の40代メイク3:ピンク系マットリップ

この春は、ピンクの口紅もバリエーションが豊か。質感も、ツヤ重視のものからマット感が強いものまで幅広く新作がお目見えしています。

その中で、40代が注意すべきは「マットなピンク」。男性目線だと、想定外の不評を買う場合もありそうなのです。

「飲み仲間の40代後半女性が、いかにもピンクって口紅をカサカサの唇に塗っている顔は、勘違い系のオバサンにしか見えなかった……」(41歳男性)、「職場の女性が、最近鮮やかなピンクの口紅ばかりを塗っているのですが、ぶりっ子しているオバサンみたいで不気味です」(43歳男性)と、“ピンク”のもつ甘いイメージが、かえって不評のもとになっている場合も。

春メイクにピンクは鉄板だけれど、年齢を感じさせたくないなら、完全なるマットよりややツヤがある質感の口紅が安全です。

 

いつのシーズンも、トレンドと男ウケは必ずしも一致しないもの。今季に関して言えば、こんなトレンドコスメが「残念!」を招くリスクもありそうです。男性ウケを重視したいシーンでは、流行よりも清楚なイメージを貫いたほうが、確実かも。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録