アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ゆず湯の習慣はいつから?効能やおすすめの入り方、注意すべき事

目次

子育て中の家庭では、季節ごとのイベントを大切にしている方も多いのではないでしょうか。冬に楽しむイベントといったら、入浴の際のゆず湯もそのひとつです。家庭で手軽に季節を感じ取ることができ、体もぽかぽか温まるゆず湯を利用してみましょう。

ゆず湯とは

142093442

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子供と一緒にゆず湯を楽しむ前に、基礎知識を身に付けてみましょう。子供にゆず湯のことを説明するときに、次の基礎知識が役立ちます。

ゆず湯は、一年の中で昼がもっとも短く、夜がもっとも長い冬至に行うもの。寒いこの時期だからこそ、ゆず湯で体の芯から温まりましょう。

2つのゆず湯

ゆず湯といっても種類が2つあります。ひとつは柚子を砂糖で煮て、熱湯で薄めて飲むゆず湯です。別名柚子茶とも呼ばれています。もうひとつはお風呂に柚子を浮かべて楽しむ方法です。今回はこのお風呂に入れるゆず湯のほうを紹介します。

ゆず湯の習慣はいつから?

柚子をお風呂に入れる習慣は、江戸時代にはすでにありました。冬至に柚子を浮かべたお風呂に入ると、風邪をひかないといわれていたようです。その風習が今でも伝えられており、冬至にはゆず湯を提供する銭湯もあります。冬至にゆず湯に入る習慣は、銭湯が登場してから広まったようで、冬至=湯治の語呂合わせで、柚子=融通が利くというところからきています。

江戸時代には毎日入浴する習慣はなく、特別な日や大切な日のために身を清めるという意味があったようです。柚子は香りが強く邪気がよらないと考えられており、柚子が実るまで長い年月がかかることから長年の苦労が実るよう願いを込めて入浴したといわれています。

ゆず湯の効能とは

142093365

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ゆず湯にはどんな効果があるのか知っておきましょう。なぜ冬になると柚子をお風呂に入れるのか、その理由を紹介します。柚子にはたくさんの効能があるといわれているようです。

血行促進作用

ゆず湯には血行を促進する効果があるとされています。血行促進作用は科学的に証明されているもので、ゆず湯に入った際のノルアドレナリンを調べると、4倍の差が出たという結果が出ました。

ノルアドレナリンは血管を収縮させる成分で、ゆず湯で減少していたということは、それだけ血行が良くなったという証拠だといえるでしょう。なぜゆず湯で血行が良くなるのかというと、皮に含まれる芳香油が湯冷め効果に効いていると考えられています。

風邪予防

ゆず湯に入れば体が温まり湯冷めがしにくくなるため、子供と一緒に入って風邪予防するのも良いでしょう。柚子は天然の油が皮に含まれており、肌が弱い子供にも使える入浴剤代わりとなります。

柑橘系の良い香りはリラックス効果がありますから、寒い冬にはピッタリでしょう。柚子に含まれるクエン酸やビタミンCは美肌効果も期待できます。

神経痛や腰痛を緩和

ゆず湯はパパやママにとっても嬉しい効果が期待できます。血行を促進する効果によって、体の痛みを解消してみてはどうでしょうか。屋外に出る機会が多い職業の方や、デスクワークで血行が悪くなりやすい方にも、ゆず湯は最適です。

おすすめのゆず湯の入り方とは

142093454

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

季節を感じることができて、さまざまな効果が期待できるゆず湯ですから、効果的な入り方を覚えてみましょう。柚子を丸ごと入れるだけでなく、ちょっとした工夫がおすすめです。

ゆず湯を作る方法

ゆず湯の方法にも種類がありますから、家庭によって使い分けてみましょう。銭湯でもみかけることがあるのが、柚子をまるごとお風呂に入れる方法です。家庭では2個以上の柚子を一度に入れて香りを楽しむ際に便利となっています。まるごと入れる場合は、皮を少し削ぐ方法や、皮に浅く切り込みを入れる方法も利用してみてください。

柚子に鼻を近づけてそのまま嗅いでもいい香りがしますが、香りは揮発性なので、柚子をお湯に入れると、さらに香りがたつでしょう。リラックス効果も期待できる柚子の香りや成分まで、丸ごと楽しみたいなら、輪切りにした柚子をそのまま湯船に入れる方法がおすすめです。

しかし、このやり方では時間が経つごとに柚子がしなしなになって崩れてくるため、後のお掃除が大変かもしれません。掃除を楽にしたい方はガーゼなどで袋をつくり、その中に輪切りにした柚子を入れてみてください。家庭にある洗濯ネットや、玉ねぎが入っていたネット、水切り用ネットも使うことができます。

柚子をそのまま入れるのがもったいないと感じる方は、皮だけを入れる方法もあります。柚子の実を食べたり飲んだりして楽しんだら、皮を取っておいてお風呂に入れてみましょう。液だけをしぼる方法もあるため、好みのやり方で楽しんでください。

肌が弱い方は注意が必要

柚子のしぼり汁を入れる方法は、肌が弱い人では注意が必要です。肌に刺激が強すぎる可能性もあるため、その場合は輪切りにした柚子を熱湯で20~30分蒸らし、それを布袋に入れてからお湯に浮かべます。

まとめ

ゆず湯は、ゆずのいい香りが楽しめるため、子供も喜んでくれるはずです。一緒にお風呂に入る際に、ゆず湯とはどんな由来があって、どんな効果が期待できるのか話してみるとよいでしょう。ゆず湯は家庭で気軽に季節を感じさせる風習なので、ぜひ家庭でも取り入れてみてください。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録