ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師取材】骨盤がゆがむ原因は?自宅でできる骨盤矯正とおすすめグッズ

目次

妊娠・出産によって、ママの骨盤には大きな負担がかかっています。今回は、骨盤がゆがむ原因や、それによって起こる弊害、そして自宅でもできる骨盤矯正の方法などをご紹介します。

骨盤が歪む理由とは

512984052

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

骨盤が歪むってどういうこと?

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ大切な部分。実際には一塊りの大きな骨ではなく、腸骨、仙骨、坐骨、恥骨など複数の骨から成っています。脊柱(首から背骨)とともに、体を支える「土台」のような役目をになっています。この土台が歪むことによって、影響が全身に及ぶことは簡単にイメージできるでしょう。

ただし、医学的に厳密に考えれば、先天奇形や事故以外に「骨が歪む(変形する)」と言うことはありません。仮に、本当に骨盤が歪み、変形しているとすれば、普通に日常生活が送れないほどの影響が出るはずです。可動域が仙腸関節(仙骨と腸骨をつなぐ部分)のみということもあり、骨盤は大変頑強な部位なのです。

「骨盤の歪み」については、世間ではもちろん、医師のあいだでもその解釈が分かれます。なぜならば、何を持って歪みとするかという「医学的な定義」がないからです。今回は、一般的によく言われている「骨盤の歪み」という表現を使用しますが、実際には「姿勢の悪さ」と言ったほうが実情に近いかもしれません。

骨盤が歪む原因

骨盤が歪む(姿勢が悪くなる)原因にはさまざまなものがありますので、以下にご紹介します。

■妊娠・出産 妊娠によってお腹が大きく、重くなってくると、体の重心もどんどんずれてきます。これによって、骨盤周辺にも負荷がかかり続け、痛みが生ずる原因となります。なお「骨盤の歪み」という言葉そのものの意味に最も近いのが「出産に伴う骨盤の変化」かもしれません。

妊娠中はもともと女性ホルモン(リラクシン)の影響により、骨盤の関節や靭帯が緩められています。これは、出産を容易にするために体が起こす変化です。なお、出産時に骨盤が開きますが、それはごくわずかです。産後に、骨盤付近に痛みや違和感を覚えるならば、骨盤の変化によるものではなく「靱帯の緩み」「骨盤周囲の関節部分」などから来ていると考えられます。

仮に、出産(難産など)によって骨盤が大きく開いてしまうと、恥骨が離れてしまう恐れもあります。また、尾てい骨変形や骨折を伴う場合などでも、強い痛みが生じることになりますので「骨盤矯正」などといってセルフケアできるレベルではありません。

■姿勢に関する悪い癖 骨盤周辺の筋肉群や関節に余計な負荷をかける原因としては、姿勢に関する悪い癖が挙げられます。どちらかの足に体重をかけて立ったり、うつむくように歩いたり、横座りや、足を組むなどの「悪い癖」と言えるでしょう。産後のママの場合、赤ちゃんを抱く姿勢にも気をつけてください。

■デスクワーク デスクワークをする人は、どうしても座っている時間が長くなり、それに伴って背中や腰に痛みを生ずることがあります。

■運動不足 運動不足によって筋力が弱まると、体を支える力が弱まり姿勢が悪くなります。

骨盤が歪むとどうなるの?

490849419

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

体調の変化

骨盤が歪む(姿勢が悪くなる)と、体調にも様々な悪影響が出る可能性があります。以下に、その具体例をご紹介します。

・肩こり ・腰痛 ・冷え性 ・生理不順 ・むくみ ・頭痛 ・便秘など

身体の変化

骨盤が歪む(姿勢が悪くなる)と、体のバランスが崩れる可能性があります。反り腰、猫背、さらにはX脚、O脚などにもつながる可能性が考えられます。姿勢が悪いのが先か、体のバランスが崩れたのが先かと言うのは「卵が先か、鶏が先か」という議論になってしまいますが、いずれもこれが、姿勢の悪化を進行させる悪循環である事は確かです。

整体に頼らない骨盤矯正の方法

612729032

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自宅でできるストレッチ

自宅でできるストレッチ方法を以下にご紹介しましょう。

【お腹の上げ下げ】 1.まず、仰向けに横になり、両足の膝を立てます。 2.そこからゆっくりお腹を浮かせて行きます。 3.膝から胸が一直線になったら、ゆっくりとお腹を下ろしていきます。

【四つん這いのアーチ】 1.両手のひらと膝をつけ、四つん這いになります。 2.背中を少しずつ丸めるとともに、骨盤と体をそれぞれ体の内側に入れるように動かしましょう。 3.アーチ型の姿勢から、四つん這いの姿勢に戻ります。いずれも、呼吸を意識しながらゆっくりおこなってください。

【腰ひねり】 1.まず、仰向けに横になり、両足の膝を立てます。 2.そのまま両膝を右に倒します。この時、顔は左へ向けるようにします。 3.反対(両膝は左、顔は右)におこないます。

以上は、骨盤ほか、腰痛の緩和に役立ちます。産後の体調もありますので、かかりつけ医と相談の上、無理のない範囲でやってみましょう。なお、産婦人科によっては、ストレッチの指導をしているところもありますので、そちらもぜひ試してみましょう。

骨盤矯正グッズ

さまざまな骨盤矯正グッズが販売されていますが、なかには医師の目から見てその効果に疑問符のつく製品もありますので、購入の際にはお気をつけください。以下におすすめのものを紹介します。

■産前 産後 トコちゃんベルトII

産婦人科や医療機関でよく利用されている骨盤ベルトです。おしりを支え、腰を安定させることができるもので、妊娠中のみならず、産後まで利用可能です。

■SUHADA 肌リフト 産後

骨盤矯正に効果のある、パンツとしては、日本の老舗下着メーカー・ワコールの「SUHADA 肌リフト 産後」が、大変良い製品かと思います。こちらは、産後の骨盤サポートを目的とした機能商品であり、「特許を取得したテープ」による、骨盤の確かな引き上げ効果が期待できます。

意識することが重要

骨盤周辺の痛みや違和感には、普段の姿勢も大きく関わっていると考えられます。意識して姿勢を正すことで、その緩和が期待できる場合もありますので、大変重要です。なお、産後あまりに恥骨痛や腰痛がひどければ、医師などの専門家に頼ってください。

まとめ

妊娠・出産があるという点で、女性は男性よりも骨盤に大きな負担がかかる機会があることも事実です。普段から、良い姿勢を心がけ、無理のない範囲でストレッチなどを行い、加えて収まらない痛みがあれば早めに病院へ行く。これが骨盤をいたわる良い方法と言えるでしょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録