ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ロングネイルにチャレンジ!クリアスカルプベースのデザイン特集

目次

ジェルやアクリルで爪の長さ出しをした、クリアスカルプネイル。今回は、クリアスカルプベースのネイルデザインに注目してみました。クリアスカルプだからこそ楽しめるデザインがたくさんありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

クリアスカルプネイルにストーンをプラスして

 (614832)

esNAIL

via itnail.jp

アクリルパウダーやビルダージェル(イクステンションジェル、エクステンションジェルと呼ぶこともあります)で作る、クリアスカルプネイル。爪先まで透明にできるのは、クリアスカルプ最大の魅力といっても過言ではありませんよね。

そんなクリアスカルプネイルにはさまざまなデザインバリエーションがありますが、最初にご紹介するのは、これにストーンをプラスしたデザインです。

クリアスカルプネイルをベースに、お好みの色のストーンをランダムに配置したり、ストーンを並べてフレンチラインを作ったり。シルバーラメやホログラムをポイントでプラスするアレンジも素敵ですね。

 (614834)

esNAIL

via itnail.jp

スカルプならではの楽しみ!爪先クリアフレンチネイル

 (614836)

Re Pool (東京・世田谷)

via itnail.jp

クリアスカルプネイルだからこそ楽しめるデザインのひとつに、「爪先クリアフレンチネイル」があります。

一般的なフレンチネイルは爪先をカラーリングして作りますが、爪先クリアフレンチネイルはその名の通り、ネイルベッドをカラーリングし、爪先のフレンチ部分をクリアにして作るのです。

スキンカラーでネイルベッドをカラーリングして上品に仕上げたり、ネイルベッドをラメで埋めつくしてキラキラの仕上がりにしたり。爪の形をスクエア型にしてカジュアルに仕上げたり、オーバル型にして女性らしく仕上げたりというように、アレンジ次第で色々なデザインを楽しめそうですね。

 (614838)

Private salon Ake nail

via itnail.jp

クリアスカルプネイル×ホイルアートも素敵♡

 (614840)

DIA (鳥取)

via itnail.jp

クリアスカルプネイルは、ホイルを重ねてアートしても大人カッコよくお洒落なデザインに仕上げられます。アートのやり方はとても簡単で、クリアスカルプネイルに、ホイルを転写するだけでOKです。

ブラウン系カラーのホイルを使ってシックに仕上げたり、ゴールドやシルバーのホイルを使ってシンプルに仕上げたり。ホイルのカラーやこれを転写する範囲によって仕上がりの雰囲気がかなり変わってきますので、色々なデザインにチャレンジしてみてくださいね。

セルフアートをする場合は、チップオーバーレイの技法を使ってベースとなるクリアスカルプを作ると、綺麗に仕上げられるかと思います。



Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録