アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

英語で「リップクリーム」って言える?みんなが間違えてる3選

目次

オシャレの話をするのは楽しいもの。それは英語でも同じです。

ただ、和製英語を使ってしまうと相手に「??」と思われてしまうかも。今回は、間違いやすいコスメやアクセサリーについて解説します。

その1:リップクリーム

「リップクリーム(lip cream)って英語じゃないの?」と思われがちですが、実は和製英語。
英語では「chapstick」または「lip balm」が正解で、「lip cream」という言葉は使いません。

また、「lipstick」は“口紅”の意味なので要注意!
合わせて「lip gloss」=“リップグロス”も覚えておきましょう。

出典>>英語で「リップクリーム」って言える?知らない日本人が多すぎる!

 

その2:頬紅

日本語では“頬紅”のことを「チーク」と呼びますが、実は英語の「cheek(チーク)」は“頬”を指す単語。

英語でも商品名等では「cheek powder(チークパウダー)」や「cheek color(チークカラー)」といった表現をすることがありますが、“頬紅”の正しい英語表現は「blush(ブラッシュ)」です。

出典>>英語で「頬紅」って言える?「C」から始まる1単語は間違い!

 

その3:ピアス・イヤリング

日本では、“耳に穴をあけてつけるアクセサリー”を「pierce(ピアス)」と言うことが多いですが、実は英語では伝わりません。

アクセサリーのピアスを言いたいときは、「earring(イヤリング)」が正解。

日本語で「イアリング」というと“耳に穴をあけない”もの想像しますが、英語では耳につけるアクセサリーを総称して「earring」と言います。穴をあけないものを特定して言いたいときは、「clip-on earrings(クリップ·オン·イアリング)」を使います。

出典>>英語で「ピアス」は「イヤリング」?じゃあイヤリングは何て言うの?


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録