アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

英語で「お名前は」って聞ける?知らないと失礼な英会話3つ

目次

初めて会ったときに失礼なことを言ってしまっては、印象が台無しに。

実は、基本的な英語の挨拶だと思われているものの中にも、要注意のフレーズが存在するのです!

今回は初対面のときに気をつけたほうが良い言い回しを3つご紹介します。

 

その1:お名前は?

「What’s your name? 」が一般的と思われがちですがこのフレーズだと、人によっては上から目線で威圧的に感じられてしまうことも。

初対面の時やビジネスシーンで丁寧に尋ねたい場合は「May I have your name, please?」と言いましょう

ほかに「May I ask your name?一般的な表現です。

出典>>英語で「お名前は」って言える?Whatで始めると上から目線かも

 

その2:名乗るとき

「佐藤です。」など、名前を名乗りたいときに使う「I’m (名前).」と「It’s (名前).」。
日本語に訳すと、どちらも「私は○○です。」となるため混同されがちですが、実は使い分けられています。

明確な理由は無いのですが、感覚的に対面でなければ「I’m (名前).」は使いません。

電話やメールで直接顔をあわせない場合は、知り合いでなくても「It’s (名前).」を使いましょう。
対面のときは「My name is(名前).」でもOKですが、「I’m (名前).」のほうがカジュアルな印象で良く使います。

出典>>英語で「名乗る」とき何て言う?「I’m◯◯」じゃないよ

 

その3:お仕事は何をしていますか?

そのまま英語に置き換えると「What are you doing?」となるため、多くの日本人がこのように尋ねますが、実際の英語では現在進行形なので「今(この瞬間)何をしているの?」と行動を尋ねる質問になってしまいます。

職業を知りたい場合には現在形で「What do you do?」が正解です。

現在形は半永久的な内容を指すので「普段何をしているの?」=「仕事は何をしているの?」という意味になります。
ほかにも「Where do you work?」や「What do you do for a living?」なども一般的な表現です。

出典>>英語で「仕事は何をしていますか?」と正しく聞ける?


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録