ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

英語で「シャープペンシル」はなんて言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないことはありませんか? この連載では、アメリカで15 年間暮らした私が現地で身に着けた身近な表現をお届けします。言葉は生きています。同じ英語でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここではなるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえるような表現をご紹介いたします。

英語で鉛筆はpencilですね。では、
「シャープペンシル」って英語で言えますか?
正解は



mechanical pencil 「メカニカル ペンシル」です。
Japanese mechanical pencils are very popular among young people in the US.
「アメリカでは日本のシャープペンシルは若い人達にはとても人気があります。」

シャープペンシルを分解してみると、なるほど小さな機械仕掛けがあって、メカニカルっていう理由がわかりますね。
余談ですが、アメリカでは日本の文房具はとても人気があります。mechanical pencil だけでなく、小学校の先生をしていた友人からは、日本のお土産にpencil sharpener卓上の「鉛筆削り器」やeraser 「消しゴム」を頼まれたことがありましたよ。

 


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録