アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

家庭で楽しめる水耕栽培キット「ホームハイポニカシリーズ」に新機種登場!

目次


新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が長くなっている。こんなときだからこそ、なかなか普段できないこと、新しいことにチャレンジしてみたいもの。植物や花を育ててみるのもよさそう!

家庭用水耕栽培キット「ホームハイポニカ」

といっても、自宅に庭がない、ベランダに広いスペースがないという人もいるかもしれない。そんな人でも家庭菜園を始められるのが、水耕栽培技術「ハイポニカ」を取り入れた家庭用水耕栽培キットの「ホームハイポニカ」シリーズ。

このたび、「ホームハイポニカMASUCO(マスコ)」と「ホームハイポニカPLAABO(プラーボ)」の2種が新たに登場し、オンラインショップにて販売を開始している。

土を使わず育てられる

「ホームハイポニカ」は、土を使わず、液体肥料の入った水を循環させて根に与える構造。

また、土がなく抵抗を受けにくい環境のため、根が大きく成長するので、養分の吸収が活発化し、植物をより大きく育てることができるという。日光が充分にあたる環境であれば、土栽培よりも手軽に植物を育てられるのが魅力だ。

新登場の2種を紹介

新たに登場した2種を詳しく紹介しよう。


「ホームハイポニカMASUCO」は、葉菜と果菜が栽培できる水耕栽培キット。


2種類の専用マルチパネル果菜用(1株穴)/葉菜用(5株穴)が付属しているので、トマトやレタスなどさまざまな野菜や植物を植えられる。カラーは<ホワイト>で、本体サイズは幅40×奥行36.9×高さ26.3cm、重量は約5.3kg。価格は1万7000円(税別)。


葉菜専用の水耕栽培キット「ホームハイポニカPLAABO」は、葉菜専用の水耕栽培キット。


2段スタンド式で、上段には栽培槽を、下段に液肥槽を配した構造だ。草丈が30cm程度の葉もの野菜や観葉植物の栽培に適しており、最大25株の苗を植えられる。レタスやハーブ類などの同時栽培もOK!カラーは同じく<ホワイト>で、本体サイズは幅80×奥行24×高さ53cm、重量は約3kg。価格は9800円(税別)。

水耕栽培なら、土壌の管理をする必要がなく、土汚れしないのも嬉しい。これなら初心者でも安心して、いろいろな野菜を育てられそうだ。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録