アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「けんか」ではありません!「廉価」の読み方、知っていますか?

目次

「こう読むんじゃなかったっけ?」と思い込み、読み間違えてしまった…なんて経験ありませんか?

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

本記事でご紹介するのは「廉価」です。「廉」に含まれている「兼」の字に引っ張られて読み間違える人が多い言葉です。

「廉価」の読み方は?

「廉」はあまり馴染みのない漢字だと思いますが、「廉」に含まれる「兼」の字は「兼業」「兼任」などで見たことがある人も少なくないでしょう。だからといって「廉価」を「けんか」と読むのは間違いです。

「廉」には「兼」が含まれているものの、「けん」という読みありません。

まずは正解を見てみましょう。

正解は…

「れんか」です。

「廉価」とは

値段が安いこと。安い値段。また、安いさま。安価。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。「高価」の対義語として「安価」と「廉価」があります。

「廉価」と「安価」の違い

「廉価」の意味には「安価」が含まれていますが、これらは場面によって使い分けることができます。

「安価」は

① 値段が安いこと。また、そのさま。廉価。⇔高価。
② 値打の低いこと。安っぽいこと。いいかげんなさま。

出典元:精選版 日本国語大辞典

を意味します。

「廉価」と違い、「安価」は値段の安さだけでなく、“安っぽいこと。いいかげんなさま。”といった意味を持ちます。

「廉価」の「廉」には

①いさぎよい。きよい。
②やすい。値段が安い。
③かど。すみ。
④しらべる。見きわめる。

出典元:廉|漢字一字|漢字ペディア

の意味がありますが、「安価」のような“安っぽいこと。いいかげんなさま。”を表す意味はありません。

そのため、同じ“値段が安い”を表すものであっても、「廉価」は丁寧な印象を表すので売り手側が、「安価」は買い手側が使う、といった使い分けができます。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録