アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

名作を使って読解力UP!クイズ感覚で楽しく解ける「読解ドリル」が発売

目次


2018年に行われた国際学習到達度調査(PISA)において、日本の15歳の読解力が、8位から15位へと大きく後退し、多くのメディアで注目された。読解力は国語だけでなく、教科書を読む力やテストの問題を読み解く力、さらに社会人になっても必要とされる重要なスキルだ。

そんな読解力を幼児期から楽しく伸ばせるドリル『「読解力」がぐんぐん伸びる 名作おはなしれんしゅうちょう』が学研プラスから7月9日(木)より発売された。

幼児期から楽しく読解力を伸ばせるドリル

『「読解力」がぐんぐん伸びる 名作おはなしれんしゅうちょう』750円(税別)は、4歳~7歳の子どもを対象にした、クイズ感覚で楽しく解けるドリル。


同ドリルには、「おおきなかぶ」や「ヘンゼルとグレーテル」など、多くの子どもたちに親しまれてきた名作を多数収録。日本の昔話・世界の名作のほか、イソップ童話・グリム童話・アンデルセン童話など、全部で80ページとボリューム満点!シール問題やイラストいっぱいの選択肢など、子どもが楽しく取り組めるよう様々な工夫が施されている。


はじめは短い文章からスタートし、レベルがあがるにつれて長文を読む問題へと挑戦できるようになっており、スモールステップで無理なく文章を読み解く力を育むことができる。

親子で遊べる!あらすじカードつき


また、話のあらすじを確認できるカードもついているので、親子でトランプのように遊んで楽しもう!


努力すること、正直でいることの大切さなど、様々なお話から教訓を学べるため、“絵本を読むのは好きだけど、本当に内容を理解しているのか不安”と感じている保護者にもオススメだ。

これからのAI時代を生きぬくために欠かせない力ともいわれる読解力UPのために、『「読解力」がぐんぐん伸びる 名作おはなしれんしゅうちょう』をぜひ親子時間に取り入れてみて。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録