アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ニトリのカラーボックスの活用法。子ども用家具を手作りしてみよう!

目次

安価なのが魅力のニトリのカラーボックスは、DIYの材料としても重宝します。気に入った家具がないという家庭や、子ども用の家具を手作りしたい方は、ニトリのカラーボックスを使ってみましょう。おすすめのDIYアイデアを紹介します。

ニトリのカラーボックスでDIYに挑戦!

687107912

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ニトリのカラーボックスは、スリムな2段タイプであれば740円で売られています。3段タイプでも1個1,000円前後で買えるため、DIYの材料として使いやすいでしょう。

組み立てやすいカラーボックスはニトリ?

ニトリのカラーボックスには、組み立て方法が解説されている説明書付きです。初心者の方でも順番通りに進めていけば、カラーボックスを組み立てできます。上下の板を取り付けて、背板をはめ込み、棚板を取り付ければ完成です。棚板は好きな位置に取り付けが変えられるため、自由度が高い商品となっています。DIYが苦手という人の中には、組み立て方がわかりづらいからという理由の人もいると思います。そういった方にこそニトリのカラーボックスはおすすめです。

ニトリのカラーボックスをテレビ台にアレンジ

3段のカラーボックスを横置きにすると、テレビ台にアレンジができます。下にキャスターを付けて可動式にする方法や、壁紙やペンキで色を付けると、安価なカラーボックスでも高級感が出ます。天板を付けたり扉を付けたりすれば、立派な家具の完成です。家具のように仕上げたい場合は、化粧板で表面を覆いカラーボックスのプリント部分を減らすと、高級な家具にみえてきます。

追加棚板やレールも種類が多くて安い

ニトリのカラーボックスは拡張性が高いのがポイントです。高さを自由に変えられるよう、横板には穴が多数開けられています。棚板を増やすことで、細かな仕切りとなり、小物のディスプレイもしやすくなるでしょう。カラーボックス用のレールや、追加扉、キャスターなど付属品が多くそろえられており、自分流に作り変えられます。

一押しカラーボックスをニトリで発見

845012538

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ニトリのカラーボックスを使ってDIYするなら、便利な商品を選んでみましょう。仕上がりの良さを重視する方は、付属品が付いているタイプがおすすめです。

見た目もすっきり!扉付きドアボックス

ドア付のカラーボックスでは、中身が見えずすっきりとした印象です。通常のカラーボックスに扉を別途付けることも可能で、仕上げるデザインに合わせて自由に組み換えができます。別途カラーボックス用引き出しもありますから、入れる物に合わせて使い分けてみてください。

連結できるニトリのカラーボックス

ニトリのカラーボックスでは、自由に連結して増やせるタイプが売られています。プレミアムC ボックスという名前で売られている商品で、縦横どちらにも連結ができるキューブタイプです。マジックテープで固定するタイプで、特別な作業が不要で簡単な商品です。家のレイアウトを少し変えたい時などにも便利なアイテムなので、とくに模様替えが好きな人におすすめです。

キャスター付きのカラーボックスはある?

ニトリのカラーボックスでキャスター付きはありません。別途キャスターが売られているため、自由に組み合わせることができます。カラーボックス用キャスターは貼るだけのタイプで、両面テープを使って取り付けが可能な簡単商品です。DIYが苦手な方でも、貼るだけの商品なら、気軽に使うことができるでしょう。

子ども部屋で大活躍!ニトリのカラーボックス

678605872

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ニトリのカラーボックスを使ってDIYするなら、次のような使い方を考えてみましょう。子どもがいる家庭で便利な使い方を紹介します。

カラーボックスはおもちゃ収納にぴったり

ニトリのカラーボックスは、カラフルなプラスチックケースが売られています。カラーボックスにピッタリ収まるサイズで、別売りのレールを使って引き出しタイプにもできる商品です。色を変えて組み合わせると、海外の子ども部屋のようなお洒落な雰囲気になります。子ども部屋のレイアウトにもこだわりたいといった方にはとくにおすすめです。

重ねられるインボックスにおもちゃをポン

カラーボックス用収納ケースは、重ねて置けるタイプがあります。こまごまとしやすいおもちゃをポンと入れるだけなら、小さな子どもでも収納しやすいでしょう。ケースはそのままでも重ねて置くことができ、カラーボックスなしでも連結できるタイプです。

プリントを保管!机の上に置けるカラボ用収納ボックス

小学生くらいの子どもに必要となるのが、学校からもらったプリントを収納できるケースです。机の上に置くことができるコンパクトサイズなら、手持ちの机と組み合わせることができます。授業の道具を揃える際に使えるよう設置して、子どもが見やすいよう分類してみましょう。

まとめ

660468248

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ニトリのカラーボックスは、サイズが豊富で安価なため、DIYの材料にも便利です。買って終わりではなく、専用小物で拡張性もよくなっているため、自分流に作り替えることができます。子どもが大きくなって使わなくなっても、テレビラックなどにDIYで作ることもできますから、子育て中の家庭なら1つは持っていたいアイテムでしょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録