ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

機能性も抜群!“手書き”の良さを追求したデジタルノート「フリーノ」新発売

目次


キングジムより、文房具の温かさを残しつつ、デジタルならではの機能性で手書きの良さを追求した『デジタルノート「フリーノ」FRN10』が7月31日(金)に発売される。

最大約8万7000ページ分の保存が可能

『デジタルノート「フリーノ」FRN10』は、“紙のノート”の不満を解決するために生まれたデジタルノート。

最大約8万7000ページ分を保存できる同商品は、タイトルやタグで検索可能なので作業の効率化にも最適だ。


画面は、E Ink社の電子ペーパーディスプレイを採用。紙のようにくっきりと表示されるのはもちろん、低消費電力のため、スリープ画面にノートやカレンダーなどを常時表示できるのも嬉しい。


また、ワコム製のデジタイザとデジタルペンにより、4096段階の筆圧検知ができ、まるで紙にペンで書いたようなスムーズな書き心地。デジタルペンは電池交換や充電不要で、ペンの上部には消しゴム機能がついている。

選べるフォーマットは12種類


ノート機能にはタテ、ヨコそれぞれ12種類のフォーマットを搭載。横罫・TO DOリスト・方眼・デイリーなどから選択することで、自分好みのノートを作成できるほか、既存のフォーマット以外に自作のフォーマットを最大4つ追加可能だ。


さらに、画面にはフロントライトを搭載しており、室内での使用はもちろん、暗い場所や屋外でもストレスなくメモできる。

PDF閲覧・書き込みやカレンダー機能も

同商品は、PDFドキュメントの閲覧やデジタルペンでの書き込みもでき、USBケーブル、microSDカードのほかオンラインストレージサービスのDropboxを利用することで、保存・閲覧に加え、PCやスマホなど手持ちの端末と連携できる。


カレンダー機能は、メモの書き込みや、日付に紐づいたノートを作成可能。別売の専用カバー『「フリーノ」専用カバー FRNC1』<ブラック><ブラウン><グレー>を使って本体をスタンドさせ、卓上カレンダーのように使用するのもオススメだ。

『デジタルノート「フリーノ」FRN10』を取り入れれば、スマートに仕事がこなせそう!気になった人は、「フリーノ」の公式サイトで仕様などの詳細もチェックしてみて。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録