アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

イヤイヤ期の育児を支えよう!「イヤイヤ期Tシャツ」作成プロジェクト開始

目次


子育てをしたことがある人なら、誰もが子どものイヤイヤ期に頭を悩ませた経験があるのでは?

「イヤイヤ期Tシャツ」作成プロジェクト

子育てデザイナーズ協会は、育児のしやすい寛容性ある社会を作り上げていくための第一弾企画として、「イヤイヤ期Tシャツ」作成プロジェクトを、クラウドファンディングサイト「Ready For」にて8月20日(木)12時より開始した。

社会における相互理解を促す

「最近の親は、すぐにお菓子でつって、スマホで動画を見せたり、ゲームばっかりさせているわね…」

同協会では、そんな心ない言葉は“相互理解の欠如”に起因するものと考えており、イヤイヤ期で子育てが大変であることを周囲に認知してもらい、コミュニケーションのきっかけとなることを目的として「イヤイヤ期Tシャツ」を企画。

1歳半頃から5歳頃までのイヤイヤ期といわれる時期は、子どもの自我の形成や他人の存在の認識、自己肯定感や他者への思いやりなどを育むなど、子どもたちの発達にとって大切な時期でもある。

「イヤイヤ期Tシャツ」は、そんな子育てをする親と社会をつなぐ架け橋としての機能をもつ。

2種類のデザイン

今回は、クラウドファンディングで調達した資金により「イヤイヤ期Tシャツ」を製作・販売。利用シーンや用途に合わせ、テイストの異なる2種類のTシャツを用意している。



1つめは「デザイナーによるデザイン性の高いTシャツ」で、普段着の洋服として違和感なく着ることのできる、デザイン性の高いタイプ。メッセージ性を抑え、イヤイヤ期要素はさりげなく入っている。


2つめは「子育てデザイナーズの協会ロゴを入れたベーシックなTシャツ」。協会ロゴと文字をベースにしたデザインで、メッセージ性の強いタイプとなっている。

詳細については、クラウドファンディング「Ready For」のプロジェクトページを参照してほしい。


/

この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録