アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

離乳食のみかんはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

目次

包丁要らずで簡単に食べられる人気の果物・みかんは、いつごろから赤ちゃんにあげてもOKなのでしょうか。今回は開始時期の目安とともに「みかんの缶詰は?」「薄皮はとる?」などよくある疑問についても解説します。みかんの魅力をいかした離乳食レシピも参考にしてくださいね。

みかん、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

完了期以降も、奥歯が生えてくるまでは薄皮を取り除いてあげましょう。

・初期の調理:薄皮を取り除き、果汁にしたり、すりつぶしたりする ・中期の調理:薄皮を取り除き、小さくきざむ ・後期の調理:薄皮を取り除き、きざむ ・完了期の調理:食べやすい大きさに切る

みかんってどんな果物?

517865980

Getty logo

みかんの旬は?

みかんの旬は9~2月ごろ、秋冬がおいしい季節ですね。また、ハウス栽培のみかんは6~9月ごろに出回りますので、1年のほとんどの時期で手に入る果物のひとつです。

みかんの栄養価は?

みかんはビタミンCが豊富に含まれています。むけばすぐに食べられる便利さもありますが、味付けの一部やサラダのような使い方でお料理に取り入れることもできますよ。

■ワンポイントアドバイス■

「有田みかん」や「愛媛みかん」が有名ですが、それらはまとめて温州みかんといい、日本で生まれたものです。手軽に食べられて身近な存在のみかんを、離乳食にも楽しくおいしく活用しましょう。

離乳食のみかん、下処理・下ごしらえの方法

下処理について

1136679099

Getty logo

みかんの薄皮には、ペクチンという水溶性食物繊維が豊富に含まれ、一緒に食べたいものですが、飲み込みにくく消化もしにくいので、離乳食では薄皮をとりましょう。

加熱について

食中毒を予防する点で加熱することがおすすめされていますが、もうひとつ良い点があります。 みかんには酸味がありますが、相性がいい他の食材と調理すると、この酸味が料理のおいしさを引き立ててくれるのです。加熱をする料理にも上手に利用しましょう。

■ワンポイントアドバイス■

手で簡単に皮をむいてお手軽に食べられるみかんですが、赤ちゃんには衛生面の配慮と、薄皮の処理が必要ですね。

みかんの離乳食、よくある疑問

908515846

Getty logo

缶詰のみかんは使っていいの?

缶詰のみかんは、薄皮がなく便利そうですが、シロップ漬けになっているものが多く、そのままでは甘味が気になります。お湯で茹でて、糖分などを落としてから使用しましょう。

食べたいだけ食べていい?

934255692

Getty logo

甘みがおいしい果物は赤ちゃんも喜んでパクパク食べますが、食べすぎはよくありません。東京都幼児向け食事バランスガイドや日本人の食事摂取基準から考えると、完了期で1日の果物の摂取目安量は、みかん1/2個程度と考えましょう。

みかんの離乳食レシピ!中期・後期・完了期

1192175281

Getty logo

<離乳中期のレシピ>さつまいものみかん煮

材料

・さつまいも20g ・みかん果汁小さじ2 ・水適量

作り方

① さつまいもは皮をむいて食べやすい大きさに切る ② お鍋に①とひたひたの水、みかん果汁を入れて、さつまいもがやわらかくなるまで煮る

1207074151

Getty logo

■ワンポイントアドバイス■

大人もおやつやおかずに一緒に食べられるので、たくさん作って一緒に食べるといいですね。

<離乳後期のレシピ>ブロッコリーとみかんのヨーグルトサラダ

材料

・ブロッコリー20g ・みかん小房1〜2個(約20g) ・無糖ヨーグルト大さじ1

作り方

① ブロッコリーは花蕾部分を茹で、食べやすい大きさに切る ② みかんは薄皮をむき、半分程度に切る ③ ①②とヨーグルトを和える

619399512

Getty logo

■ワンポイントアドバイス■

ヨーグルトの酸味とも相性がいいみかん、大人もさっぱりサラダとして、一緒に食べられるひと品です。

<離乳完了期のレシピ>みかんのミルクプリン

材料

・みかん小房2個(約30g) ・牛乳(育児用ミルクでも可)50g ・砂糖小さじ1/3 ・片栗粉大さじ1/2

作り方

① みかんは薄皮をむき、半分くらいに切る ② 鍋に牛乳、砂糖、片栗粉を入れ、よく混ぜる ③ 火にかけてとろみがつくまでかき混ぜながら加熱する ④ ③に①のみかんを混ぜ入れ、器に入れたら、かたまるまで冷蔵庫で冷やす

1138041095

Getty logo

■ワンポイントアドバイス■

砂糖の量を増やせば、大人もおいしいデザートになります。一緒に楽しみましょう。

まとめ

658826992

Getty logo

みかんは、お手軽な果物のひとつです。そのまま食べるのもおいしいですが、アレンジすれば、おかずにもデザートにも使いやすいものです。ビタミンCの補給にもなるので、いろいろ使ってみてくださいね。

この記事の執筆者 木下麗子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士) 食育教室 キッチンひろばChura 主宰 幅広い年齢の栄養指導や献立作成を経験したのち、現在は、母子栄養協会の認定講師 他、離乳食幼児食教室、お母さん向け料理教室などを運営。助産院や幼児教室などにて食育講座を担当。 ◆HP:https://kitchenchura.com/

この記事の監修者 川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士) 一般社団法人母子栄養協会 代表理事 女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。 ◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:木下麗子 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

参考文献 東京都幼児向け食事バランスガイド https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kensui/ei_syo/youzi.html


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録