アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「ほうすん」ではない!「放埒」の正しい読み方、知っていますか?

目次

 

漢字にはたくさん種類があり、読み方もさまざま。そのため「え、こう読むんじゃないの?!」と戸惑ってしまうような言葉に遭遇することも…。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「放埒」の読み方、知っていますか?

「放埒」の読み方は?

「放埒」にはあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、「放」は「放送」や「放物線」などでおなじみです。「埒」は“解決しない。話にならない。”などを意味する「埒(らち)が明かない」といった表現で見たことがある人も少なくないのでは?

とはいえ、「放埒」の読み方は「ほうらち」ではありません。

「埒が明かない」以外の表現が思い浮かばないかもしれませんが、埒には「らち」の他にもう一つの音読みがあります。

正解は…

「ほうらつ」です。

埒の読み方は

  • 音読み ラチ・ラツ
  • 訓読み かこ(い)

で、「放埒」の「埒」は「らつ」と読みます。

日本漢字能力検定が運営する「漢字ペディア」の埒がつく漢字を見る限り、「放埒」以外の漢字は「らち」読みがほとんどです。

  • 不埒(ふらち)
  • 埒外(らちがい)
  • 埒内(らちない)

なので、「放埒」は「埒」を「らつ」と読む数少ない漢字として覚えてしまいましょう!

ちなみに「放埒」の意味は

1 勝手気ままでしまりのないこと。また、そのさま。
2 身持ちの悪いこと。酒色にふけること。また、そのさま。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

です。

「埒」には

①しきり。かこい。
②一定の範囲。けじめ。

出典元:埒|漢字一字|漢字ペディア

という意味があり、「放埒」は“馬が柵である埒からはなれ出る”意味からきた言葉です。

それぞれの漢字がもつ意味を見返してからもう一度「放埒」の意味を見ると、「相当しまりのない様子なんだな」と思わされます。読み方はしっかり覚えておきたいところですが、人に使われないよう注意したい言葉でもありますね。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録