アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

11月3日は「世界クラゲデー」!神戸のクラゲ専門店から“シビ辛”な新商品が発売

/

目次


マルミ食品は、11月3日(火)の“世界クラゲデー”に合わせ、新商品「クラゲ・デ・麻辣(マーラー)」2種類を発売。また、発売を記念して、有名飲食店にて限定クラゲ料理が食べられるスタンプラリーを開催する。

ブームのクラゲをシビ辛に仕上げた商品

近年、各地の水族館でクラゲを売りにした展示が新設され、SNSでも話題を呼ぶなど「クラゲ」がブームになっている様子。

マルミ食品は、クラゲを専門に扱う全国でも珍しい食品会社。前身の食品メーカーから数えて75年以上クラゲを扱ってきた歴史がある。同社によれば、一言にクラゲと言っても種類や産地で食感や香りが異なるのだとか。マルミ食品が発見した美味しいクラゲは、神戸セレクション2020に選ばれたイタリアン風惣菜『クラゲ・デ・イタリアーノ』にも使われている。


そんなマルミ食品から今回発売されたのは、新商品「クラゲ・デ・麻辣(マーラー) RED/BLACK」各864円(税込)。『クラゲ・デ・イタリアーノ』の姉妹品となる同商品は、「クラゲブーム」に勝るとも劣らない「シビ辛ブーム」に着目して開発された一品だ。

シビ辛の<RED>と、ゴマの風味とコクを加えた<BLACK>の2種類で、おつまみとしてそのまま食べても調味料にしても美味しい、新食感が楽しめる。


調味料として、たまごかけご飯へのトッピングもオススメ!

「新作クラゲ料理ラリー」開催

同商品の新発売を記念し、11月1日(日)~30日(火)の期間で「新作クラゲ料理ラリー」も開催。大阪府内の有名飲食店にて、同社クラゲ商品を使用した限定クラゲ料理が食べられるスタンプラリーだ。基本は各店1日限定5食なので、早めに食べに行こう。

参加店舗は、大阪市・梅田の「民生ヒルトンプラザウエスト店」、大阪市・天神橋4の「黒龍天神樓」、大阪市・堺筋本町の「龍華軒」。

この機会に、スペシャルなクラゲ料理を堪能してみては。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録