毎日すぎて辛い… 兄弟喧嘩の正しい解決法

更新日:2020年12月10日 / 公開日:2020年12月10日

毎日すぎて辛い… 兄弟喧嘩の正しい解決法

子ども同士の喧嘩は、感情や欲求のコントロールをする訓練になるためとても大切です。
親が無理に止めてしまうと、相手の気持ちを考えたり、反省したりする機会を奪ってしまうことになります。
止めることよりも、見守り方が大事です!

解決方法

1. 仲裁の入り方

STEP1: 暴言や手が出たら初めて仲裁に入る
STEP2: 余計なことは言わず、シンプルに行動に対してのみ注意する
STEP3: それでもやめなければ、その場から一回離す
STEP4: 怒るのではなく、聞く姿勢であることを伝える
親の意見を言ったり、どちらが正しいか決めたりするのはNGです!!
善悪ではなく、表現の仕方を教えるのが大切です。
STEP5: 謝る・許すなど、必ず一度着地させる

2. 注意の仕方

子どもはプラスな言葉・マイナスな言葉をとっさに判断できません。
「うるさい!」と言われると、その言葉だけが頭に残ってしまい効果ゼロ!
伝えたい言葉を「静かに!」など、して欲しい行動にすると、その言葉が頭に残るので◎

走らない→ 歩いて
危ない→ 止まって
登らない→ おりて

など、言葉を変換して伝えることを癖づけましょう!
暴力的な時は、表現の仕方やそれをされた時の感情を伝えましょう。
暴言→ 優しくね
手が出る→ 痛いよ・怖いよ・やめて


出演: 沖樹利亜さん りたちゃん たみくん



この記事の著者

ログイン・無料会員登録