アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

黒川温泉で冬限定の竹を使った鞠灯篭のライトアップ「湯あかり」が開催

/

他のおすすめ記事を読む
シャトレーゼ通販しか買えないよ~!限定なのが惜しい!独り占めしたいスイーツセット

目次


黒川温泉では12月19日(土)~2021年5月30日(日)の期間、日暮れから22時まで、孟宗竹の間伐材で作成した鞠型灯篭を飾る「湯あかり」を開催する。

自然資源を活かした取り組み


黒川温泉では、褐毛和種、原木椎茸などの地域食材や、ブランド杉である“小国杉”など、地域にある豊かな自然資源を旅館事業や温泉地域づくりに活かした取り組みを行っている。


そんな地域資源を活用した取り組みの1つとして、2012年の冬から始まった「湯あかり」は、竹の球体「鞠灯篭」約500個と、高さ2mの「竹筒灯篭」を温泉街の自然景観に溶け込むように取付け、日暮れから22時まで点灯するライトアップイベント。

黒川温泉では環境維持のため竹林の間伐、再生に取り組んでおり、「湯あかり」はこうした活動の一環として計画された。飾られる竹灯篭は、全て地域の人による手作りだ。

適切な感染症対策を準備


今年の「湯あかり」は、“新型コロナウイルス感染症予防のために催しを中止した方が良いのでは”という意見もあがったそうだが、話し合いの末、きちんと適切な対策を講じて開催することを決断。


例年は温泉街の川端通りに沿って約300mにライトアップしていたが、今年は新たに「黒川温泉明神様」と「平野台展望所」にも明かりを増設し、訪れた人が自由に回遊できる設定に。また、それに伴い「湯あかり周遊マップ」の準備や新型コロナ感染症対策看板の設置など、万全の体制を整えている。


しんしんと冷える寒い冬、街を歩くと丸く柔らかな鞠灯篭の明かりが広がる温泉街と、阿蘇の奥地で里山ならではのゆったりと流れる時間を楽しんでみては。



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録